タマツラボ
カバーフォト

傾聴の定義

心理カウンセリングにおける傾聴とは「アクティブ・リスニング」のことで、相手の話に関心を持ち、積極的に受け入れながら深く話を聞いていく方法のことをいいます。つまり傾聴はカウンセリングテクニックのひとつです。


傾聴はただダラダラと話をきくことではない

日本語において傾聴とはもともと、音楽やスピーチなどを耳を傾けて聴くことをいいます。音楽にしろスピーチにしろ、聞く側は特に何もするわけではありません。ただ一方的に聞いています。
この場合は聞く本人が興味をもって聞いていることもあれば、あまり集中せずにただダラダラと聞いているときもあるかもしれません。
心地よい音楽や、聞いていて面白い話なら、すっと聞き入ることでしょう。しかし、興味がわかなければ、あまり集中しては聞かないかもしれません。
しかし、一対一のカウンセリングのときは、聞き方によっては相手も不満になります。
ただ黙って聞いているだけでは、相手も話しにくくなります。「ちゃんと聞いていないのでは」と思われたら話すのをやめてしまうかもしれません。
心理カウンセリングにおける傾聴では、相手の話に興味・関心を持ち、それを積極的に表にあらわします。そして、相手をほぼ全面的に肯定します。そうしながら、できるだけ相手の心理を浮き彫りにし、さらに深く話を聞いていきます。
相手の話に強く関心を持ち、積極的に受け入れながら深く話を聞いていくことで、相手の悩み・抱えている問題の真相に迫ることができます。
このサイトでは、このような積極的に話を深く聞いていく話の聞き方のことを「傾聴」とよびます。

傾聴とその効果

傾聴について 傾聴の定義
なぜ注目されているのか
人間心理の本質
姿勢・距離感と身体の動き
相手の目の動きを観察する
返事のしかたによる変化
思考法
会話への応用
傾聴の効果 ストレス発散効果
好感を得られる効果
素直に感情表現できる効果
自己解決の糸口が見つかる効果

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る