タマツラボ
カバーフォト

姿勢・距離感と身体の動き

傾聴では積極的に相手の話を聞きます。積極的に聴くためには、相手が話しやすい環境をつくってあげることが大切です。そのためには、相手との距離感と、聴くときの姿勢・身体の動きに気をつけることが大切です。


相手が話したくなるような聞き手の姿勢・距離感と身体の動きとは

姿勢や相手との距離感を見るときは身体の3箇所をチェックしましょう。それは、頭と頭の距離感、手のおき方、そして足の組み方です。
頭と頭の距離感が近すぎると相手は警戒します。相手が自由に話しやすくするためには、通常の会話する距離と同じくらいか、こころもち遠めにした方が良いようです。ただ、会話をしていくうちに親しみが出てきた場合はすこしずつ距離を近くしても良いでしょう。
手は開き、力を抜いて前に置きます。受け入れるような姿勢をすることで、相手も警戒心が取れて話しやすくなります。
相手が話をしている間は、「興味をもって聴いている」という意志をジェスチャーであらわします。
相手が話を区切るごとに頷いて、同調し、さらに話を促します。手を組んでそこにアゴを乗せることもあります。
聴いている間は、頭を横に動かしたり、腕組みしたり、こぶしを握ったりはしません。肩や腕の力を抜きリラックスしながらじっと話し手の方を向いています。
傾聴は椅子に座って、向かい合って聴きます。そのため、足は相手に一番近くなります。距離としてはつま先が相手と触れ合うくらいが一般的です。相手がリラックスして話しやすいよう、足の組み方はややくずし気味にします。また、相手が足を組み替えたら、すかさずコチラも組みかえるなどして、お互いの波長を合わせていきます。
聞き手の姿勢・距離感、あるいは身体の動きによって、話しやすさは大きく違ってきます。傾聴をするときは、相手が一番話しやすいように工夫をしていくことが大切です。

傾聴とその効果

傾聴について 傾聴の定義
なぜ注目されているのか
人間心理の本質
姿勢・距離感と身体の動き
相手の目の動きを観察する
返事のしかたによる変化
思考法
会話への応用
傾聴の効果 ストレス発散効果
好感を得られる効果
素直に感情表現できる効果
自己解決の糸口が見つかる効果

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る