タマツラボ
カバーフォト

返事のしかたによる変化

傾聴は積極的に相手の話に聞き入ります。興味・関心を持っていると身体で表現し、大きく頷きながら相手に話を促します。話す側としては、聞き手の返事のしかたによって話しやすさが大きく変わってきます。


「本当?」「へーっ。なるほど!」「それで、それで?」

傾聴をするときは、相手にとって話しやすいように返事をしていくことが大切です。そうすれば、話を深く掘り下げてその核心に迫っていくことができます。
話しやすいような返事とは、肯定的な返事です。話したことを真っすぐ受け止め、受け入れてもらっていると感じれば話しやすいです。逆に否定的で冷たい返事だったり、あまり興味を持ってくれていないと感じるような返事では、話す側は話しにくいです。場合によっては話を続けられなくなるかもしれません。
傾聴するときの返事のしかたの基本は、聞き手の意見や考え、評価、助言などを一切入れずに、ひたすら相手の言葉を受け入れる返事をすることです。
聞き手の意見や考えを入れないのは、相手にとことん自分自身の考えに集中してもらうためです。評価、助言を入れないのは、相手が自分のしたこと、言ったことについて恥ずかしいと思うことなく、リラックスして話せるようにするためです。
聞き手が肯定も否定もせずに受け入れ続けることで、相手はリラックスして話し続けられます。
ある程度話が進んできたら、聞き手はすこしずつ詳しく聞きたい方向に話を絞り込んでいきます。急がず、ゆっくり話を核心に近づけていきます。しかしながらあくまで、肯定的で相手をそのまま受け入れる返事を続けることが大切です。

傾聴とその効果

傾聴について 傾聴の定義
なぜ注目されているのか
人間心理の本質
姿勢・距離感と身体の動き
相手の目の動きを観察する
返事のしかたによる変化
思考法
会話への応用
傾聴の効果 ストレス発散効果
好感を得られる効果
素直に感情表現できる効果
自己解決の糸口が見つかる効果

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る