TamatsuLab
アクセサリー

美容・ライフスタイル記事>アクセサリーのすべて

アクセサリーのすべて

アクセサリーについて調査、紹介しています。アクセサリーの歴史、種類、スタイルやデザインなど、また地域によるアクセサリーの特徴や意味合い、心理的効果なども調べていきます。

単なる装飾にとどまらないアクセサリー

アクセサリーでより美しく自分を表現したい。多くの人がそう思うのは自然な欲求だと思います。そして、そのような欲求は女性・男性のどちらも持っています。
ごく最近までピアスやネックレスをするのは女性だけと思われていましたが、今は違います。それに、実は昔からそうだったわけでもありません。ピアスやネックレスを身につけるのは男性が中心だった時代・地域もあったようです。
ところで、どうして人はアクセサリーを身につけるのでしょう。輝くものに引付けられ、自らを飾りたてたくなるのはなぜなのでしょう。
太古の昔から人類はアクセサリーを身につけていました。その歴史をさかのぼると数千年どころか数万年になるといわれています。
人類がアクセサリーを身につけるようになった理由・目的については諸説ありますが、集団社会の中で自分の身分をあらわしたり、異性にアピールするためだったり、あるいは信仰のしるしであったり魔よけであったりしたようです。
つまり、アクセサリーは人類が社会生活を営むようになったことや、その中で身分制度、宗教やしきたり、異性交流のルールができあがってきたことと密接な関連があるのです。
アクセサリーは単なる装飾品にはとどまらない、重要な意味合いがあったのです。
今でも、宗教的、性的、あるいは身分的意味合いを持ったアクセサリーを身につけている人たちはたくさんいます。ひょっとしたら、身につけている本人はその意味に気づいていないかもしれませんけど・・・
そんな魅力いっぱいのアクセサリー。美しく着飾ってステキに自分をアピールしたいですよね。アクセサリーはその色、輝き、大きさや付ける場所によっていろいろな意味あい、心理的効果があります。
ぜひともいろいろなアクセサリーの魅力を知ってください。そして、自分が一番輝くアクセサリーを身につけ、ステキな自分を表現しちゃいましょう。

アクセサリーのすべて

アクセサリーの歴史

太古の時代とアクセサリー
いまでも多くの人々が身につけるアクセサリーですが、その起源は古く太古の時代にさかのぼります。
アクセサリーという言葉の意味
日本ではアクセサリーのことを、イヤリングやピアス、ブレスレット、ペンダント、ポーチやネックレスなど、人が身に付けて飾る装飾品の総称と思われています。
アクセサリーと信仰との関係
身につけることで自信が深まり、自分自身をいっそう輝かせるアクセサリーですが、いまでは男女を問わず本当にたくさんの人たちがアクセサリーを身につけて街を歩いています。
アクセサリーは女性のもの?
アクセサリーというと、女性がより美しく輝くための装飾品というイメージですよね。実際のところ、アクセサリーショップも女性向け商品が圧倒的に多いですから、基本的に女性のものと思うのも自然なことと思います。
アクセサリーと商業の発展
今は便利な時代になりました。インターネットでもアクセサリーを買うことができます。検索しているうちにその輝きに引付けられ、自分を飾り立てたくなるアクセサリーがたくさん見つかります。

アクセサリーの種類

ネックレス
ネックレスは首にかけるひも状のアクセサリーのことです。ネックレスはアクセサリーの中でも一番古いものだといわれていて、いまでも最もポピュラーなアクセサリーとして多くの人々に使用され、愛されています。
ピアス
ピアスというのは、針のようなもので突き刺して穴をあけることをいいます。あけるとき、ちょっと痛いこともあるけど、おしゃれのためならとあけるひともけっこう多いです。
イヤリング
イヤリングって、とってもおしゃれでステキなアクセサリーですよね。髪をアップにした女性がイヤリングをすると、耳もと、首筋のラインがしっかり強調され、とてもセクシーで魅力的です。
ブレスレット
ブレスレットは手首に付けるアクセサリーです。以前はそれほどメジャーでもなかったブレスレットですが、おしゃれやおまじないにブレスレットをつける人たちがだんだん増えてきています。
ヘアアクセサリー
髪の毛は自分をどう表現するかを左右する、とても大切な存在です。ロングにする、ショートにする、アップにする、パーマをかける、編みこむ・・・。どのスタイルを選ぶかによって人のイメージというのは本当に大きく変わります。
アクセサリーとしてのめがね
ご存知でした? めがねって、とってもおしゃれなアクセサリーなんですよ。最近は視力が悪くないのにメガネをかけている人たちがふえてきました。一体、どうしてなのでしょう?

アクセサリーの素材

ダイヤモンド
ダイヤモンドはアクセサリーの王様といいってもいいでしょう。その世界一の硬さと輝き、透明感は存在感たっぷりで、いまでも人々を魅了しつづけています。結婚指輪、婚約指輪にほとんど必ずダイヤモンドが使われるのも「永遠の愛を誓うあかし」としてダイヤモンドがとてもふさわしい存在だからなんですね。
貴金属
貴金属という言葉からして、なんだか高価そうな金属というイメージがありますよね。実際、貴金属は希少価値が高くて高価なものが多く、アクセサリーによく使用されています。
天然石
ちかごろ、アクセサリーで天然石を見直す動きが広まりつつあります。天然石には不思議な魅力があり、その色合い、存在感だけでなく自然から与えられた不思議なパワーが人々の心を魅了し続けています。
とんぼ玉(トンボ玉)
アクセサリー素材として忘れてはいけないのはとんぼ玉ですね。ちいさなガラス玉の中に不思議な模様や風景が広がるとんぼ玉は、独特の世界にひきこまれる気がして見ているうちにだんだんうっとりしてきます。
真珠
世の中に真珠ほどアクセサリーにふさわしいものはないといっても過言ではありません。まさしく言葉のとおり、「真」まことの「珠」たまそのものの美しさは、人々を魅了し続け、アクセサリーとして親しまれてきました。

スタイル・デザイン

シルバーアクセサリー
シルバーというと銀のことです。シルバーアクセサリーとは銀で作られた銀細工のアクセサリーのことで、その輝き、光ぐあいから多くの人たちがシルバーアクセサリーのファンになっています。
インディアンジュエリー
ココペリ・ホピ・ズニ・ナバホ・サントドミンゴ・スー族といえば、なにかわかりますか? そうです、アメリカの原住民族の名前です。インディアンジュエリーは彼らが作った精巧な技と美しい天然石が織り成すアクセサリーたちのことです。
ヨーロピアンアクセサリー
ヨーロッパはまさしくアクセサリーの宝庫です。そのバリエーションの多さや美しさ、華やかさや繊細な職人技など、どの国をとってもどの地域へ行っても魅力的なアクセサリーに出会うことができます。

アクセサリー関連アイテム

アクセサリー関連の本
アクセサリーに関連した本を調査、紹介しています。アクセサリーは単なる装飾品にはとどまらない、重要な意味合いがあったのです。アクセサリー関連の本特集ページです。
メンズアクセサリー
メンズアクセサリーを調査、紹介しています。アクセサリーは単なる装飾品にはとどまらない、重要な意味合いがあったのです。メンズアクセサリー特集ページです。
レディースアクセサリー
レディースアクセサリーを調査、紹介しています。アクセサリーは単なる装飾品にはとどまらない、重要な意味合いがあったのです。レディースアクセサリー特集ページです。

△美容・ライフスタイル記事に戻る

ページのトップへ戻る