TamatsuLab
エコロジーな家

美容・ライフスタイル記事>エコロジーな家

エコロジーな家

エコロジーな家づくりについて調査、紹介しています。限りある資源を有効利用し、自然との共存、共生をめざすエコハウスづくりを応援する環境にやさしく未来にやさしい家づくりサイトです。

環境と人と、未来にやさしいエコハウスづくり

家は人にとって大きな買い物です。それと同時に、ずっと住んでいくとても大切なものでもあります。
家の構造やしくみによって、環境への影響や消費する電力量なども大きく違ってきます。
住んでいる人はあまり意識しなくても、家は環境に大きく影響します。
柱の材料選び、壁や屋根の素材、殺虫剤などの薬品使用は、家の環境への負荷を左右する重要な要素です。
家の中の風通しや熱の伝わり方によって、光熱費が大きく違ってきます。
冷暖房にお金がかかる家は、長年住んでいると生活に大きな負担になってしまいます。
末永く住むのですから、できれば環境にやさしい、冷暖房費用などのかからない家にしたいですね。
家を立てる目的を達成しつつ環境にもやさしい家、これからはそんな家づくりを目指しましょう。
もはや、大型家電製品をたくさん入れてエネルギーの無駄遣いをする時代ではありません。
風雨や寒暖から人を守り、外敵から防御する、ライフラインを確保し、災害を防ぎ、そして家族が末長く幸せに過ごせるような家づくり。
持続可能であり、地球温暖化や生態系への悪影響を最小限に抑えた家づくり。
家づくりにエコをとりいれ、行動を起こしている人も増えてきています。エコロジーな家づくりが、これからは主流になっていくことでしょう。
太陽や風、雨など、せっかく自然の恵みが与えられているのですから、存分に利用しましょう。
自然に触れ合えば、心も身体も自然にかえります。
環境にやさしい家、光熱費のかからない家は、実は人にやさしい家でもあるのです。
そして、環境と人に優しい家は、子供たちの世代、またその子孫たちにも優しい家であることでしょう。
子供たちの未来のために、今から出来ることを始めましょう。
このサイトでは、エコロジーな家づくりについて調査、紹介しています。
このサイトがエコロジーな家づくりのヒントになれば幸いです。

エコロジーな家

エコロジーについて

エコロジーとは
「エコ」という言葉は本当によく聞くようになりました。「エコ」をエコノミーと混同し、生活水準を下げて節約することだと考えている人もいるようです。しかし本来は「エコ」というとエコロジーのことをいいます。
持続可能性について
全てのものごとには終わりがあります。形ある物はいずれ壊れます。命あるものはいずれ死にます。ただ人として生きるからには、出来る限りいつまでも末永く、子々孫々まで幸せな生活が続けられるようにしたいものです。
地球温暖化について
環境問題の中でも最近大いに騒がれているのが地球温暖化問題です。地球温暖化問題については数多くの学術論文が出されています。国際会議が繰り返し開かれ、様々な議論が行われています。
生態系破壊の影響
地球上には様々な生命体が存在しています。それらは環境に依存しながら、また生命体同士で依存関係を持ちながら生きています。生命体は基本的に、外界と何らかの依存関係を持っています。
エコと偽善
世間でエコの本を出版したり、エコを叫んだりしいる人たちの中には、偽善者たちがたくさんいます。エコについてはあまりにも偽善的な話が多いので、「エコ」という言葉そのものにすら偽善的イメージが付いてしまっています。

家の基本

家の目的
人はなぜ多くの犠牲を払ってまで家を建てようとするのでしょうか。人間が家を作る目的、その狙いは何なのでしょうか。家を建てることは、人間にとってどのような意味があるのでしょうか。
ライフライン
家は人が住み、生活する空間です。人が、家族が生きていく上で確保しなくてはならないのがライフラインです。家を建てるときは、ライフラインをどのような形で確保するのかを考えておくことが大切です。
外敵からの防御
住んでいる人たちが安心して毎日を過ごせることが家づくりの基本です。そのために大切なのは外敵からの防御です。特に、子供たちを外敵から守ることは家が備えなくてはならない重要な機能です。
家相と風水
家づくりをするときに気になるのが家相と風水です。家相とは家の相であり、家の方角・位置・間取りから家の特徴を調べ吉凶を判断するものです。一方で風水とは気の流れを見てそれを改善・利用する方法のことです。
災害対策
災害は、いつ襲ってくるかわかりません。家を建てるときはどの周辺でどんな災害が起こりうるかを想定し、あらかじめ対策を取っておくことが大切です。「備えあれば憂いなし」、と昔からいいますから。

エコハウスのヒント

自然を利用する
環境にやさしいエコハウスを作るためのヒント、その一つ目は自然に学び、自然を利用することです。自然に逆らえば逆らうほどエネルギーを消費し、環境破壊にもなります。エコハウスをつくるときは自然に逆らわないことが大切です。
土から生まれ、土に帰る
家を建てるとき、よくよく注意したいのが建築材料、その素材選びです。建築用の素材にはいろいろなものが使われています。中には化学物質や石油起源の素材も多く使われているようです。

エコロジーと家関連アイテム

エコロジーと家関連の本
エコロジーと家関連の本について調査、紹介しています。エコロジーな家づくりのヒントになれば幸いです。 エコロジーと家関連の本特集ページです。

△美容・ライフスタイル記事に戻る

ページのトップへ戻る