TamatsuLab
花言葉

美容・ライフスタイル記事愛と感謝の花言葉>花言葉の歴史

花言葉の歴史

花言葉は誰が名づけたのでしょうか。いつから人々は花言葉を使うようになったのでしょう。そして花言葉はどのように広まったのでしょう。花言の歴史について調べようとするといろいろな困難につきあたります。

花言葉の歴史

花言葉の多くは人々の間で言伝に伝えられています。昔から人々は花たちに想いを寄せ、いろいろな花言葉を作ってきたようです。しかし、それらの多くは文献が残っておらずに、変化し、失われ、その源流がわからなくなっているのです。

どうやら花言葉が文化として認められるほどになったのは17世紀のトルコのようです。愛のメッセージを花に込めて贈りあう、そんな習慣がトルコの恋人たちの間で広まっていました。

花言葉に気持ちを込めてプレゼントする習慣はトルコからヨーロッパに移ります。フランスで18世紀に、イギリスおよびヨーロッパで19世紀ごろに花言葉は大流行します。

花言葉には決まったものがなく、地域により、人により花に違った言葉をあてられています。おおもとのトルコでも時代の流れとともに古くからあった花言葉の意味は失われたり、違う言葉があてられたりしました。そのため、同じ花でも人によっては全く違う花言葉で解釈されることもあったようです。

19世紀後半から花言葉に関する本、辞典などが出版されるようになりました。

紆余曲折を経ながら、今でも多くの人々が花言葉を愛し、気持ちを花言葉に託して花をプレゼントしています。

△愛と感謝の花言葉に戻る

ページのトップへ戻る