TamatsuLab
マンション

美容・ライフスタイル記事マンション選びの基本>将来の変化への備え

将来の変化への備え

購入したマンションは、入居してから何十年も住むことになります。マンションを買うときは、現時点での状況だけでなく、10年後、20年後、30年後の状況変化を考えることが大切といわれています。

将来の変化への備え

とはいえ、将来の変化を予測するというのはなかなかできるものではありません。30年後どころか3年後のことすら予想するのは難しいのですから、いちいち考えていられないと思うのも無理もないかもしれません。

特に、マンションを購入するときというのは、目の前のことで頭がいっぱいです。引越し、ローン、家具の購入、近所のことや子供の転校先など、考えなくてはいけないことが次から次へと出てきます。

しかし、マンション購入の際に将来の変化を予測し、それに備えることはとても重要なのです。

マンションを購入した後、将来はどうなるでしょうか。子供ができるなどして同居人が増えるかもしれません。すでに子供がいれば、いつか成長して独立するでしょう。自分は高齢になって介護が必要になるときもやってくるでしょう。

予想できないことも多いでしょうが、間違いないのは人は必ず年を取り、マンションは必ず老朽化するということです。

そして、自分たちが年を取ること、マンションが老朽化することに対しては、必ず備えておかなくてはならないということです。

備えあれば、憂いなしです。

マンション購入時は何かと大変ですが、将来への備えも忘れないようにしましょう。

△マンション選びの基本に戻る

ページのトップへ戻る