TamatsuLab
リフォーム

美容・ライフスタイル記事リフォーム費用を抑える>住み始めたときから

住み始めたときから

新築の一戸建て、あるいは新築マンションを手に入れた時は、将来のリフォームについてほとんど考えている人はいないことでしょう。しかし、住んでいればいずれリフォームをしなくてはなりません。

住み始めたときから

リフォーム費用を抑えながらも快適な生活を続けるためには、できるだけ早い段階からリフォーム計画を始めるのが良いでしょう。できれば、住み始めたときからリフォーム計画を始めましょう。

リフォーム計画といっても、大した事をするわけではありません。自分たちの年齢を計算し、家族構成の変化を予測しながら、将来必要となるであろうリフォームの内容とそのタイミングを今のうちから思い浮かべておくのです。

住み始めた時からリフォームの内容とそのタイミングを思い浮かべておくのは、しっかり備えをしておくためです。将来30年から50年にわたってかかるであろうリフォーム費用をおよそで良いですから予測しておき、その費用のために積み立てておくのです。

リフォームが必要になった時にローンを組む人がいますが、高い金利を支払うことになります。それに年を取ってからだと返済していくのが大変です。災害とは異なり家が老朽化するのは間違いのないことですから、日頃からリフォームのためにお金を積み立てておくのは必要なことです。

早い段階からしっかり備えておけば、あとあと憂うこともありません。まだ家が大丈夫なうちからリフォーム計画をしっかり立てておきましょう。

△リフォーム費用を抑えるに戻る

ページのトップへ戻る