TamatsuLab
リフォーム

美容・ライフスタイル記事リフォーム費用を抑える>条件そろえて相見積り

条件そろえて相見積り

リフォーム業者に依頼する前に、通常はそのリフォーム内容について見積りを取ります。高額のリフォームであれば見積りは複数のリフォーム業者から取って比較検討をしましょう。いわゆる相見積りです。

条件そろえて相見積り

相見積りを取るときに必要なのはその条件を揃えることです。条件がそろっていない見積書が複数やってきても、それで価格を比較することはできないからです。見積りを依頼するときは、あらかじめ見積りの基礎となる条件を紙にまとめ、業者に渡しましょう。

見積り条件は書いてある内容にしたがって見積りすれば同じ条件になるよう、できるだけ明確でわかりやすく、誤解のないように作成しましょう。

条件がそろっていれば見積書も比較しやすくなります。

見積書でまずチェックするのは、その明細の具体性です。具体的に仕事を完遂させるということを前提に見積書がつくられているかどうかをしっかりチェックします。業者によっては内容が抜け落ちていたり、意味不明な内容の費用が明細に含まれていたりするのでよく注意しましょう。

なお、明細が全くかかれておらずトータルの費用しか書いていない明細書を出してくる業者は、避けましょう。

同じ内容であれば安い見積りを出して来たほうを選びたいところです。しかし、内容がはっきりしないでただ安い業者は要注意です。明細がしっかりかかれていて、なおかつ価格がリーズナブルな業者が見つかれば理想的です。

△リフォーム費用を抑えるに戻る

ページのトップへ戻る