TamatsuLab
テレビショッピング

美容・ライフスタイル記事テレビショッピングのすべて>テレビショッピングの売るテクニック

テレビショッピングの売るテクニック

テレビショッピングを見ていると、なんだか不思議な魔力があるような気がしてくるときがあります。番組が進行していくにつれだんだん引き込まれ、いつのまにか紹介されている商品が欲しくてたまらなくなってしまうのです。

テレビショッピングの売るテクニック

初めて見た商品、最初はなんでもないと思っていた商品なのに、どうしてテレビショッピングを見ると欲しくてたまらなくなってしまうのでしょうか?

紹介された商品が優れている、すばらしいという場合もあるかもしれません。しかしそれだけでこれほど多くの人たちがテレビショッピングのとりこになり、注文をしてしまうのは説明がつきません。決して必要でない、普段の生活を考えたら欲しくもない商品をTVショッピングで買ってしまうのはなぜなのか。そこにはテレビショッピング自体が持っている独特の売れる構造、売るテクニックがあるのです。

テレビショッピングでは、社会生活を行う上で不可欠な「まわりのに同調したくなる心理」をたくみに利用しています。

例えば、売り手と買い手が登場し、売り手が商品説明をするたびに、買い手が「なるほど~」、「すごい」、「これは便利だね~」と合いの手を入れていき、だんだん売り手の意見に近づいていきます。そうしてそれを見ている視聴者もだんだんテレビの中の買い手に気持ちが乗り移っていくのです。

人間は社会の中で集団生活しています。スムーズな社会生活を送るためには、どうしてもまわりの人たちの考えにあわせて生きることが必要になります。

行列のできるお店には並びたくなりますし、流行のファッションは追いかけたくなりますよね。そういうのも、「まわりに同調したくなる心理」のひとつです。

人間の気持ちをたくみに利用して商品を売り込んでいくのは、テレビショッピングの魅力でもあり、ちょっとこわいところでもあります。見ていて楽しいTVショッピングですが、そのテクニックに引き込まれ、ついついいらないものまで買ってしまうのはちょっと気をつけたほうがよいかもしれません。もちろん、良いものもたくさんありますから賢く選べばショッピングを100倍楽しめることでしょう。

△テレビショッピングのすべてに戻る

ページのトップへ戻る