TamatsuLab
テレビショッピング

美容・ライフスタイル記事テレビショッピングのすべて>テレビショッピングでの実演

テレビショッピングでの実演

テレビショッピングでナンと言っても楽しいのは実演販売ですよね。あれよあれよというまに汚れが落ちたり、いままで切れなかった包丁がスパスパ切れるようになったりするのは実演販売ならではの定番と言ってもいいでしょう。

テレビショッピングでの実演

実演販売は古くや屋台、露天商がその日に商品を売り切るためにあみだしたものです。屋台、露天商というと寅さんの映画シーンを思い出す人も多いかもしれません。でもこの実演販売は消費者へのアピール効果が高いので、デパートやスーパーマーケットの特設コーナーでは今でも実演販売が行われています。

実際に作っているところ、使っているところを見ると安心します。商品実演によって、自分が実際に使っているところを具体的にイメージできるので、視聴者もその商品に親しみを感じて買いやすくなります。

最近では温度を視覚化するサーモグラフィーや脳波形、3次元のコンピューターグラフィックスを利用して、普通なら見えないものまで見せてくれるような番組も出てきています。技術の進歩というのはすごいものです。

この見ていて楽しい実演販売、テレビショッピングの見せ所でもあるのですが、同時に過剰な効果強調による誇大広告として批判されるところでもあります。

テレビで見て「これはスゴイ」と思って買ったけれど、実際に商品が届いたらちっともテレビで見たとおりにならない。そんなガッカリした経験を持つ人は少なくないようです。

実演シーンを派手にすればするほど視聴者の心をつかみやすいので商品は売れるのですが、あとでクレームや批判を受けやすくなります。どこまで実演販売を派手に見せるかは、販売業者の悩みどころでもあるようです。

△テレビショッピングのすべてに戻る

ページのトップへ戻る