TamatsuLab
転職

ビジネス・思想・経営記事>転職の実際

転職の実際

サラリーマンにとって気になる転職、実際のところはどうなんでしょうか。良い転職、成功する転職を決めたいですよね。転職で失敗しないためのヒントを特集していきます。

転職の実際

転職をステップアップに

かつて日本は終身雇用が主流といわれていました。いまでは転職もそれほど珍しいことではなくなっています。一つの会社に一生奉公するといのは過去の話になったといってもよいでしょう。

しかしながら、転職というのはなかなかむつかしく、転職に失敗する人は少なくないようです。

なぜ転職に失敗する人が少なくないのでしょうか?

転職がうまくいかない理由、それは日本人の特性に由来することが少なくないようです。

まずは転職時に不利な条件になってしまいます。

転職で有利な条件を引き出すには、交渉力が必要です。

転職後の給料は決まっているわけではありません。今までの実績や実力をアピールして、就職しようとする会社としっかり交渉しなくてはなりません。

ところが、日本人はあまり交渉は得意ではありません。

組織の中では大人しくし、出しゃばらないことが日本人の美徳とされています。

しかし、転職時には徹底的に自己アピールしないと、有利な条件を引き出すことができません。

大人しく、出しゃばらずにいたら、どんどん自分に不利になってしまいます。

また、転職後の仕事にも問題が数多くひそんでいます。

中途採用を募集している仕事は、往々にして、誰かが転職していなくなり急に空きが出来たポストが少なくありません。誰かが辞めてしまったポストというのは、必ず何か問題が隠れているものです。

せっかく転職先が見つかって仕事を始めても、すでにいなくなった先任者の地雷処理に追われるばかりで、ほとんど何の成果もあげられないということも珍しくありません。

自分が得意な分野、キャリアを活かせる職種に転職できれば給料アップも期待できますが、一から勉強しなおさなくてはならないようなポストでは、給料も簡単には増えないでしょうし仕事も大変です

多くの場合、転職すれば人脈も一から作り直しです。仕事がスムーズに出来るようになるにはけっこうな苦労と時間がかかります。

しかし、困難に出会うのは転職の良いところでもあります。自分の実力を存分に発揮し、やりたいことを思いっきりチャレンジできる場が見つかるかもしれません。

転職前にはしっかりと準備をしましょう。まわりから必要とされる存在になり、スキルとマネジメント力を磨くこと、自分ブランドを育成しセルフイメージを高め、仕事をこまめにまとめること、そうしていくことで、転職しても心に余裕ができますし、社内での地位を高めることができます。転職するにしろ、しないにしろ、自分の実力アップにはこころがけましょう。

このサイトでは、転職の実際を追うとともに、そのノウハウについても調べていきます。

このサイトがあなたが転職に失敗しないために、上手なステップアップができるためにお役に立てれば幸いです。

転職の実際

転職とは

転職の定義
転職とはもともと職を転じること、職業を変えることをいいます。つまり、今までしてきた職業とは違う内容の職業につくことをいい、たとえ同じ会社の中で働くにしても、仕事内容が変われば転職と呼ばれていました。
転職の意味
転職は人にとってだけでなく、会社にとってもいろいろな意味があります。転職は人生の大きな転機になります。転職をすることで、自分の人生が変わります。自分自身の可能性を大きく拡げることもできるかもしれません。
転職の損得勘定
転職するときは、転職前後の労働条件の変化が気になるものです。新しい会社での給料はどうなのか、福利厚生はどうなのか、休暇は取りやすいのか、昇進の可能性はあるかなどなど、気になることはいろいろあります。
人生と転職
転職は人生を変えます。転職が人生に良い効果をもたらすこともありますし、試練を与えることもあります。独身のうちは、ひとりで転職を決意し行動することができます。しかしそれゆえ、独身のうちは勢いで転職してしまい、後悔する人が少なくないようです。
リスクとチャンス
転職は人生の重大事です。転職することは大きなチャンスであり、また恐ろしいリスクが隠れています。しかしながら多くの人たちはそのチャンスを見逃し、リスクに気づかないまま転職を決めてしまいます。

転職前の準備

必要とされる存在になること
転職を成功させるためには、転職する前の会社でいろいろとよく準備しておくことです。転職する前の会社でしておく準備の中でもっとも大切なのが、その会社で一生懸命働き、必要とされる存在となることです。
スキルとマネジメント力
転職するときに武器となるのは、仕事のスキルとマネジメント力です。転職を考えている人は、どんなところでも通用するよう、仕事のスキルアップにいそしむとともに、マネジメント力をつけるためのキャリアプランをしっかり立てておくことが大切です。
自分ブランドの育成
転職するときは、いままで働いていた会社のブランドを離れなくてはいけません。新しい会社で幸先良く仕事を始められるためにも、会社に左右されない自分ブランドを育成させておくことが大切です。
セルフイメージ
転職でうまくいくためには、セルフイメージを高め、自分に自信を持つことが重要です。セルフイメージ次第で転職先選びから、面接の首尾、転職後の仕事内容や成果に至るまで、その結果は大きく違ってきます。
仕事のまとめ
転職したいと思っている人の多くはは、多かれ少なかれ今まで働いてきた会社に何らかの不満や仕事への嫌悪感を持っています。いよいよ転職を決心をすると、どうせ辞めてしまうのだから今の仕事はどうでもいいやと思ってしまうかもしれません。

転職活動・面接と条件交渉

転職エージェント
転職先を探すときは、個別に各企業の人事採用に問い合わせたり、企業のホームページから直接採用情報を調べることもできますが、転職エージェントを介して自分にあった転職先を紹介してもらうことが多いようです。
履歴書とキャリアシート
転職する際は通常、履歴書とともに、職務経歴を記載したキャリアシートを作成し、転職志望の企業に提出します。履歴書とキャリアシートをつくることは、自分のキャリアを見直す良いきっかけになります。
面接のポイント
転職の採否はほとんど面接で決められます。面接は1回だけというのは珍しく、2、3回行われることが多いようです。面接は自分が評価される場でもあり、転職しようとする会社の内側・体質を知る良い機会でもあります。
転職後の給料
さて、転職するときに何より気になるのが給料です。せっかく勇気を出して今まで勤めてきた会社を辞め、新しい会社で働き始めるのです。モチベーションを高めるためにも、給料もあがってもらいたいものです。
勇気と余裕
転職するときというのはいろいろ感情的になりがちです。感情的になると人は判断を間違えることが多くなります。転職するときこそ勇気を持ち、感情的にならないように気をつけ、心に余裕を持つことが大切です。

転職後の実際

転職した直後
転職したら、その直後は何をすべきでしょうか。新しい会社で存在感を発揮し、順調に仕事が出来るようになるためには、転職直後にどんなことをするのが良いのでしょうか。
転職を繰り返すこと
ひとたび転職をすると、転職グセがつくといわれています。2~3年会社にいると会社にい続けるのがイヤになり、また転職したいと思うようになるのです。中には毎年のように転職を繰り返すひともいるようです。
幸せな転職のために
転職によっていろいろな体験をすることができます。転職することによって損することがあるかもしれませんし、得することがあるかもしれません。仕事がラクチンになるかもしれませんし、厳しくなるかもしれません。

転職関連アイテム

転職参考書
転職参考書を調査、紹介しています。上手なステップアップができるためにお役に立てれば幸いです。転職参考書特集ページです。
面接参考書
面接参考書を調査、紹介しています。上手なステップアップができるためにお役に立てれば幸いです。面接参考書特集ページです。
キャリアアップ参考書
キャリアアップ参考書を調査、紹介しています。上手なステップアップができるためにお役に立てれば幸いです。キャリアアップ参考書特集ページです。
働き方参考書
働き方参考書を調査、紹介しています。上手なステップアップができるためにお役に立てれば幸いです。働き方参考書特集ページです。

△ビジネス・思想・経営記事に戻る

ページのトップへ戻る