TamatsuLab
歯医者

ビジネス・思想・経営記事>評判のよい歯医者とは

評判のよい歯医者とは

歯医者の評判について調査、紹介しています。どんなことが歯医者さんの評判に影響するのか、評判の良い歯医者さんは何が違うのかを調べていきます。評判の良い歯医者さんになるための情報サイトです。

評判のよい歯医者とは

歯医者さんって、みんな一緒じゃなかったんですね

歯医者さんとは歯や歯ぐきの治療など、お口の中の医療行為をしてくれるお医者さんのことです。

歯医者さんと一口に言ってもみんな一緒ではありません。通常の歯医者さんであれば、虫歯とか歯ぐきが炎症を起こしたときなどの治療のほか、乳歯、親知らずを抜いたりしてくれます。最近ではインプラントの手術を専門に行う歯医者さんや、患者さんが虫歯にならないように予防歯科に専門に取り組んでいる歯医者さんもいます。

歯医者さんの評判は一体、何で決まるのでしょうか。まずは腕前の良さが重要なのはいうまでもないことでしょう。腕が悪くて直したところもスグ悪くなってしまうようでは、患者さんも逃げてしまいます。悪い評判でも立った日には誰も来なくなるかもしれません。

歯医者さんとしての評判を良くするには腕前を磨くのが第一ということは間違いないようです。

でも、腕前さえよければ評判の良い歯医者さんになるのでしょうか。患者さんは歯医者さんの腕前だけを評価して、その良し悪しで今後もその歯医者さんに通院するかどうか、またお友だちにその歯医者さんをおススメするかどうかを決めるのでしょうか。

よくよく調べてみると単純にそれだけでなないということがわかってきました。

歯医者さんの評判はクチコミで伝播します。クチコミは患者の心理が大きく影響します。そして患者の歯医者さんに対する印象は、その腕前だけで決まるわけではありません。最初のあいさつ、ちょっとした会話上の言葉づかい、患者の希望や気持ちに対する質問のしかた、治療説明のわかりやすさなどのコミュニケーション上のスキル、予防歯科への取り組み姿勢などから来る好感度、そしてインプラントなど保険のきかない治療費についての安心感などが歯医者さんの印象を大きく左右します。

イメージを左右するのはお医者さんだけではありません。待合室の雰囲気、スタッフの役割分担、全員のモチベーションなども、好感度への影響は大きいです。

評判の良い歯医者さんになるには、腕を磨くのもさることながら、全体的な好感度を上げて印象を良くすることもとても大切です。

ぜひとも患者さんの心を上手につかんで評判の良い歯医者さんをめざしましょう。

評判のよい歯医者とは

集客

集客の必要性
歯医者さんが集客、というとなんだか不自然な感じがします。歯医者さんはお客さんを集めて商売するというよりは、歯が痛くなった患者さんを治療するというイメージの方が強いと思います。
歯科診療所の立地と仕事内容
歯科診療所を開くときは、その立地条件によってメインにする仕事内容を決めていくことが大切です。その周囲に学校があるか、職場の近くか、飲食店や商店が多いか、はたまた住宅街かによって歯科医へのニーズが違ってくるからです。
歯科診療所のネーミングと看板
診療所を開くときはその名前を決め、看板を立てます。診療所の名前や看板によってイメージは変わりますし、その診療所へやってくる患者も違ってきます。ですからネーミングと看板は集客のためにはとても重要です。
歯科医の広告
広告というのはお金がかかります。しかし広告を出さないと人には知られず、患者さんもなかなか集まってきません。特に開業して最初のころは、効果的な広告を出すことが大切になります。
歯医者さんの近所づきあい
歯医者さんにとって近所づきあいは重要です。近所づきあいによって歯医者さんの評判が大きく違ってくるからです。評判がよければうわさを聞きつけた人が遠くからでも患者としてやってきますし、評判が悪くなればたとえ近所の人たちでも他所の歯医者に行ってしまいます。
ホームページによる集客
ちかごろはホームページをつくる歯医者さんが増えています。歯医者さんによってはかなりのお金をかけてホームページをつくり、SEOなども施してアクセスアップしているところもあるようです。

コミュニケーション

待合室
評判の良い歯医者さんになるには、患者さんとの良好なコミュニケーションは欠かせません。患者さんから信頼され、安心できる歯医者さんだと感じてもらってこそ、好感を持ってもらえるものですから、患者さんとのコミュニケーションはとても重要なのです。
最初のあいさつ
患者さんとコミュニケーションを取るとき、第一印象はとても大切です。患者さんへの最初のあいさつによって、歯医者さんのイメージは全く違ってきます。そして、そのイメージが歯医者さんの評判に大きく影響するのです。
患者の希望
歯科治療するにあたって、患者の希望を聞くことはとても大切です。治療の優先度や、一回あたりの治療時間、通院の回数とインターバル、麻酔使用の要否、保険の範囲外の治療を希望するかなど、患者に確認しなくてはいけないことはたくさんあります。
インフォームド・コンセント
インフォームド・コンセントというのは、患者さんにこれから始める治療のことを説明して、その了解を得ることをいいます。治療方針の説明は、誤解の無いように、また患者さんに不必要な不安を与えないように配慮する必要があります。
患者のウソと気持ち
患者さんは時として、本当のことをいわないときがあります。また、患者さんの記憶が必ず正確だとも限りません。患者さんの言葉に惑わされて間違った治療をしてもいきませんし、問い詰めて患者さんに不愉快な思いをさせるのも良くないことです。
歯医者の常識、患者の非常識
歯医者さんにとって常識だと思っていることが患者さんにとってはそうでないことがたくさんあります。歯医者さんが何も言わなかったり、あるいは不用意にした発言で患者さんがどんどん不安になることがあります。
治療した歯が痛くなると
虫歯の治療をしてかぶせ物をした歯が、ふたたび痛くなることがあります。せっかく歯医者さんに治してもらったのに、ふたたび痛くなったのですから、患者さんにとっては、ちょっと納得のいかない気持ちになる痛みです。

スタッフ

スタッフの雇用、役割分担
近ごろでは電話応対、予約サービスをアウトソーシングしてひとりで開業する歯医者さんも増えていますが、一人だとやれることは限られてきます。実際、スタッフを雇ったほうが歯医者さんとしても仕事に集中できます。
ミーティングと意見、提案
歯科診療所を開業し、スタッフをやとって役割分担を決めれば患者さんへの治療が始まります。患者さんのお口の中の状況やするべき治療は人によってさまざまで、特に開業時はかなり苦労することもあるでしょう。
スタッフのモチベーション
患者さんと接することの多いスタッフは、診療所のイメージ・好感度を左右するとても大切な存在です。スタッフが活き活きと働いてくれている歯科診療所は、自然と世間の評判も良くなりますし、スタッフの態度が良くないと患者さんも来なくなってしまいます。
スタッフの仕事のレベルアップ
スタッフを雇ったら、役割を決めて仕事をしてもらいます。最初のうちは簡単な仕事を割り当て、だんだんレベルの高い仕事を任せていきます。少しずつ仕事のレベルアップを図っていくのです。

気くばり

小冊子の配布
評判の良い歯医者さんになるには、患者さんをよく教育して頼りになる歯医者さんだと思ってもらうことがとても重要です。患者さんの教育といっても、別に時間を取って授業をやるわけではありません。
ちょっとしたプレゼント
人は、何かをもらうとうれしいものです。たとえたいしたものではなくても、プレゼントすることで、その気持ちが伝わります。その気持ちは受け取った人の心に残り、いつか恩返ししようという気持ちになるものです。
この日は学会でお休みです
医療技術は年々進歩します。歯科治療も新しい治療方法が学会で提案され、あらたな研究データが発表されています。実習生のころに教わった治療方法をいつまでも続けていては、いつのまにか時代遅れになります。
歯医者さんとクチコミ
クチコミは診療所の評判、ひいては売上を大きく左右するほど影響力があります。特に開業したばかりのときは患者さんも少ないので、患者さんの増加につなげるがめにも、クチコミは広まってほしいものです。

歯医者関連アイテム

歯科医経営参考書
歯科医経営参考書を調査、紹介しています。歯科医として開業される方のご参考になれば幸いです。歯科医経営参考書特集ページです。
診療所参考書
診療所参考書を調査、紹介しています。歯科医として開業される方のご参考になれば幸いです。診療所参考書特集ページです。
歯の健康参考書
歯の健康参考書を調査、紹介しています。歯の健康が気になる方のためのご参考になれば幸いです。歯の健康参考書特集ページです。

△ビジネス・思想・経営記事に戻る

ページのトップへ戻る