TamatsuLab
輸出

ビジネス・思想・経営記事輸出のススメ>新たなアイデアの発掘/p>

新たなアイデアの発掘

輸出をすることで、企業の視点が広がります。世界市場に目をむけ、世界のライバル動向を調査士、世界の流行、世界の消費者動向をチェックすることは、企業にとって新たなアイデアを発掘しやすくなります。

新たなアイデアの発掘

国内市場のみに目を向けていると、どうしても商品開発やマーケティングの視点が偏ってしまいます。ライバル企業も横並び意識が働き、同じような商品ばかりをつくるようになります。どの企業もひとつの方向にひたすら突き進む、そんな競争が繰り返されます。
ライバル企業がすべて同じ方向に競争しているときは、どうしても企業の視点が狭くなります。アイデアが行き詰まり、ひたすら価格競争に突き進んでいくことになります。
日本と文化の異なる海外市場に進出することは、企業の視点を広げてくれます。ライバル企業は日本とは全く違います。思わぬアプローチから商品を開発し、全く異なる視点で競争を始めます。
文化や考え方の違う地域で競争をすることは、企業にとって大変な頭への刺激になります。そして頭への刺激が多ければおおいほど、新しいアイデアが出やすくなるのです。新しいアイデアの発掘は企業を活性化させ、商品の競争力を向上させます。
輸出を成功させるには、単に国内にあるものを外国へ送れば良いというものではありません。消費動向やライバルの調査といったマーケティングが必要です。
マーケティングを通じて日本と異なる文化、考え方を知ることは企業にとって良い刺激となり、新たなアイデアを発掘しやすくしてくれます。

△輸出のススメに戻る

輸出の魅力

輸出による生産量の拡大
輸出にはさまざまな魅力、メリットがあります。輸出をすることでまず期待できるメリットが生産量の拡大です。生産量を拡大することで仕入れコストを引き下げるなど、製品競争力を向上させることが可能です。
ブランドイメージの向上
輸出をすることにより、企業のブランドイメージが向上します。輸出しているという事実がそういう評価を生むというだけではなく、時間をかけてゆっくりと人々のイメージが変わってくるのです。
競争力の向上
輸出にチャレンジすることによって、企業内にいろいろな変化がおきます。海外で市場競争をすることによって、あらたなノウハウが身につき、また企業体力がついて国内での競争力も向上してきます。
企業の国際化への第一歩
輸出は、企業が国際化へと踏み出す第一歩であると位置づけることができます。企業はいつまでもひとつの国家に依存し、ずっとひとつの経済地域のみで活動し続けるのはリスクがあります。
新たなアイデアの発掘
輸出をすることで、企業の視点が広がります。世界市場に目をむけ、世界のライバル動向を調査士、世界の流行、世界の消費者動向をチェックすることは、企業にとって新たなアイデアを発掘しやすくなります。

輸出のリスク

各国の関税等による障壁
国は状況に応じていろいろな経済政策を打ちます。どの国でも経済状況が良いときは自由貿易を推進しようとし、経済状況が思わしくなくなると保護主義的な政策を始めようとします。
クレーム、品質問題
輸出した商品が現地でクレームになることがあります。製品が品質問題を起こし、現地の在庫品と輸送中の商品をすべて廃棄しなくてはならなくなることがあります。クレームや品質問題は会社に大きなダメージを与えます。
商習慣と貿易摩擦
商品を外国に輸出することで、いろいろな社会的、政治的影響を及ぼします。現地の商習慣を無視して輸出をすればいろいろなところから反感を買うことになります。場合によっては深刻な貿易摩擦に発展することもあります。
知的所有権
商品を輸出するとき、現地国へ輸出する商品に関連する知的所有権とその取扱いについてよく注意しておく必要があります。知的所有権をおろそかにすると思わぬトラブルが発生することがあります。
市場競争
海外へ輸出された商品は、海外にて市場競争にさらされ、打ち勝っていかなくてはなりません。商品が売れれば売上にもなり、利益にもなりますが、売れなければ利益にならないどころか大きな損害になる可能性もあります。

輸出ビジネス

輸出手続き
輸出をするには、相手国の買い手と売買契約を結んだ上で、輸出手続きをする必要があります。輸出をする場合はあらかじめ輸出が承認されるための条件や提出する書類を確認しておくことが大切です。
現地での販売
輸出する商品の売れ行きやブランドイメージは、現地で誰が、どのようにして販売するのかによって大きく変わります。輸出先での販売をどうしていくのかは、輸出事業を進める上で非常に重要です。
現地生産化
輸出には物流コストがかかります。輸出する商品の価格は物流コストによっておおきく左右されます。また、輸出は貿易摩擦を生みます。輸入国の政府が保護貿易主義に傾けば、とたんに輸出は滞ってしまいます。
情報の活用と駆使
インターネットの普及により、いままで知ることのなかった外国の情報などが手軽に入手できるようになりました。輸出ビジネスについても情報を活用し、駆使していくことがとても重要な時代になったといえそうです。
物流の工夫
輸出には多くの業者がからみ、物流が複雑になりがちです。物流が複雑になればなるほど、物流コストが膨らみます。輸送費や経費、各業者のマージンがからんできて、最終的な消費者価格はかなり割高になります。

ページのトップへ戻る