TamatsuLab
オフィス

ビジネス・思想・経営記事>外資系で働くこと

外資系で働くこと

外資系の企業で働くことについて調査、紹介しています。外資系企業の特徴、職場環境、就職・転職時の注意点など、外資系で働くときに気をつけておきたいことも特集していきます。

外資系で働くこと

夢と希望の外資系職場、その意外な落とし穴

外資系で働く、というとどんなイメージがあるでしょうか?

派手で華やか、働いている人たちはみんなおしゃれで外国語がペラペラ、そんな職場を思い描く人もいるかもしれません。

あるいは外資系は雰囲気がドライで厳しく、仕事も大変、人間関係も希薄でいつクビになるかわからない、なんて思っている人もいるかもしれません。

いろいろな見方をされる外資系ですが、ひとたび働いてみると外のイメージとはだいぶ違うことが多いようです。

あこがれの外資系職場に就職しても、入ってみてビックリ、その実情にイヤになり辞めてしまうひとも少なくないようです。

最近では日本の企業に就職したつもりでも、外資に買収されることも珍しくありません。また、外資系企業と日本企業が合併したり、合弁企業を設立するということもよくあります。

外資系と一口にいってもいろいろあります。その背景によっては日本の企業とほとんど変わらないところもあれば、全く違うところもあるでしょう。

外資系というとどうしても特別な印象を持ってしまいます。

外資系に強烈にあこがれて入ってみると、かえってがっかりするかもしれません。

かといって、普通の日本企業と変わらないと思って就職すると、思わぬ落とし穴にはまってしまうかもしれません。

このサイトでは外資系企業の給料と人事・ボトルネック・企業文化などの特徴、言語・オフィス・人間関係などの職場環境、内情の予測・面接・選び方など就職・転職時の注意点、また外資系で働くときに気をつけたいことなどを特集していきます。

せっかくあこがれの外資系に就職したら、ずっと充実して楽しく働きたいですよね。

このサイトが外資系で働いている人、これから外資系で働くことを考えている人にとってお役に立てれば幸いです。

外資系で働くこと

外資系とは

外資系の定義
就職や転職のときに「外資系」という言葉をよく聞きます。ところで、いわゆる外資系企業とはどういう企業のことをいうのでしょうか。私たちが外資系と呼ぶとき、一般にどんな企業のことをイメージするでしょう。
外資系のイメージ
外資系というとどのようなイメージを持つでしょうか。スマートで効率的、さっそうとしたビジネススタイルを思い浮かべる人もいれば、ドライで冷淡な人間関係をイメージする人もいることでしょう。
外資系の企業風土
外資系はどのような企業風土を持っているでしょうか。外資系企業の風土にはどのような特徴があり、そこで働くときはどんなことに気をつければよいでしょうか。ここでは外資系の企業風土について考えてみます。
外資系の種類
外資系で働くというのは、リスクもあり厳しそうですが、一方でとても魅力的です。ところで、外資系と一口にいっても、いろいろと種類があるようです。その種類によっては働く環境も大きく違ってくるかもしれません。
外資系企業の体質とその変化
日本の企業それぞれに企業体質があると同様に、外資系企業にも企業体質があります。企業体質というものはスグに変わるものではありません。しかしじっくり時間をかけながらだんだん体質は変化していきます。

外資系の特徴

給料と人事評価
外資系企業の特徴を見ていくと、その給与体系と人事には特徴があります。そこには外資系特有と言っても良い共通点を見つけることができます。外資系で働くときはこれらの共通点をよく知っておくことが大切です。
外資系のボトルネック
外資系で働くと、日本企業では見られなかったようなボトルネックを感じることがあります。それは外資系企業特有のボトルネックであったり、あるいはそこで働く人々の思い込みによるボトルネックであったりします。
外資系の企業文化
外資系で特徴的なのがその企業文化です。外資系の企業文化には、日本企業には見られないようなユニークなものがあります。外資系の企業文化は魅力的でもあり、また人によっては馴染みにくいところでもあります。

外資系の職場環境

言語
外資系の職場といっても、必ずしも常に外国語を使うわけではありません。日本の営業所であればお客様は日本人ですし、同僚や上司も日本人がいますから、ほとんどの場合において日本語を使うといって良いでしょう。
外資系企業のオフィス
外資系のオフィスというと都心部の駅から近い貸しビルであることが多いようです。都会のど真ん中で交通の便も良いところは貸しビルの賃料も高いです。何年も借りていればかなりの負担になっているはずです。
人間関係
外資系企業に勤めると、非常に複雑な人間関係に直面することになります。なぜなら、外資系には様々なバックグラウンドを持った人々が集まり、それぞれ違ったコミュニケーションを取らなくてはならなくなるからです。

就職・転職時の注意点

外からではわからないこと
外資系企業に就職・転職するときは、その中の職場環境がどうなっているのか気になります。しかし、外からではその会社のことはよくわからないものです。特に外資系企業の内部事情はわかりにくいところがあります。
面接でのかけひき
外資系企業に良い条件で就職するためには、面接を上手くこなすことがとても重要だといわれています。もちろん外資系に限らず面接は重要ですが、外資系企業を相手にした面接にはあるポイントがあります。
有名企業より柔軟な企業
有名な大企業には安心感があるのでしょう。就職希望者が数多く集まります。逆に、無名な企業は就職する際に不安を感じます。外資系企業に就職する場合も、何となく有名な企業を選びたくなるものです。

働くときに気をつけたいこと

修行の場と割り切る
外資系企業で働くのはリスクが高いというひとがいます。たしかに、外資系企業で働いていると心配かもしれません。いつクビを切られるかわかりませんし、日本から撤退されて会社そのものもが無くなってしまうかもしれません。
出しゃばれば敵が増えるが
企業組織というのは声の大きいほうが勝つ、といわれます。これは、いつも声を出し、要求することを要求し、どんどん意見を言ったほうが組織内での立場はどんどん有利になるということです。
いつでも柔軟になる
外資系に就職したら、いつでもアタマを柔軟にしておきましょう。意地になり、頑固になると本人にとっても企業にとっても良くありません。過去の習慣を引きずらず、常に変化に対応する姿勢が大切です。

外資系関連アイテム

外資系参考書
外資系参考書を調査、紹介しています。外資系で働いている人、これから外資系で働くことを考えている人にとってお役に立てれば幸いです。外資系参考書特集ページです。
外資系職場参考書
外資系職場参考書を調査、紹介しています。外資系で働いている人、これから外資系で働くことを考えている人にとってお役に立てれば幸いです。外資系職場参考書特集ページです。
外資系転職参考書
外資系転職参考書を調査、紹介しています。外資系で働いている人、これから外資系で働くことを考えている人にとってお役に立てれば幸いです。外資系転職参考書特集ページです。

△ビジネス・思想・経営記事に戻る

ページのトップへ戻る