TamatsuLab
貿易

ビジネス・思想・経営記事>輸入ビジネス

輸入ビジネス

輸入ビジネスとその実際について調査しています。海外の魅力ある商品たちを輸入して日本市場に売っていく華麗なる輸入ビジネス、その実態に迫ります。

ようこそ、華麗なる輸入ビジネスの舞台裏へ

海外旅行をしたとき、あっと驚く魅力的な商品が目に飛び込んでくることって、ありますよね。世界にはまだまだ私たちの知らない商品がたくさんあります。面白い商品を海外で買い付け、日本で大量に販売すれば一攫千金を手にすることもできるかもしれません。
日本人はブランドが大好きです。海外ブランド品は多くの場合正規代理店契約を結んだ販売店が輸入販売しています。また並行輸入などで正規販売店でないお店が独自に輸入していることもあります。
輸入ビジネスをやってみたい、と思ったことはありませんか。国際交流にもなりますし、なによりも憧れの実現です。最近はインターネットの発達で個人輸入もしやすくなりました。
輸入ビジネスの醍醐味のひとつとして挙げられるのは、国内で知られていなかった新しいブランド品を輸入販売し、ブランドとして認知されるまで育て上げることです。
ブランドとしてあまり認知されちない段階で正規販売店契約をすれば、契約条件はかなり有利なものにできます。さらに売上拡大に貢献したとしてブランドの元売業者から感謝され、将来にわたってのビジネスが約束されます。
もちろん、ブランドとして認知されていない商品を売っていくのはかかなり苦労します。単純に宣伝、広告に費用をかければ良いというものでもなく、時間を掛けたマーケティング戦略が求められます。日本国内でそのブランドを育てていくのは、輸入販売業者の役目となります。
輸入品は価格、性能、品質などのコントロールがなかなか効きません。場合によっては伝染病や虫害、風評リスクなどが発生することがあります。元売業者が勝手に設計変更して、古いカタログに基づいて商売すると思わぬトラブルになることがあります。また為替変動や国の政策の影響を受けたり、契約によっては大量に在庫を抱えてしまうといったリスクも考えられます。
当サイトでは輸入ビジネスについて調査、特集しています。一見華麗できらびやかな輸入ビジネスの、その舞台裏に迫ります。

輸入ビジネス

輸入と魅力

輸入手続き
輸入は一般に国外の商品等を購入し、国内で利用あるいは販売する目的で搬送することをいいます。国外の物品を持ち込むのですから、輸入しようとする場合は関税法等に従った手続きが必要です。
輸入の規制
外国からは毎日、さまざまなものが輸入されています。生活雑貨や動物、工業製品など輸入品目は多岐にわたっています。身近なものにも数多くの輸入品が使われい、日々の生活に利用されています。
海外へのあこがれ
海外の映画やテレビ、旅行先での想い出などから、海外へあこがれを感じている人たちはたくさんいます。海外の雰囲気をちょっとだけでも感じて生活したい、そんな気持ちになるのも自然なことでしょう。
ブランド品の輸入販売
日本人はブランドが大好きです。海外ブランドを輸入販売することは、そんなブランド好きな日本人たちのニーズに存分に応えるとともに、比較的手軽に収益をあげられるビジネスモデルということができそうです。
コスト低減
海外では日本で製造、販売されているものより安価な商品がたくさんあります。人件費の安い国や、資源に恵まれている国、水をふんだんに使える国、広大な土地を所有する国など、いろいろ国により特長があります。

輸入のリスク

品質トラブル
海外の物品を輸入する際にはいろいろなリスクがつきまといます。輸入品の品質トラブルは製品を輸入・販売する業者にとっては大きなリスクです。品質トラブルのリスクを低減することは業者にとってとても重要です。
伝染病、シロアリ、虫害など
動物や家具、食糧品や植物の種子などを輸入する際、伝染病、シロアリ、虫などの被害を受けることがあります。税関で止められて輸入できなくなることもありますし、輸入されてから大きな問題になることもあります。
在庫、供給リスク
外国から商品を輸入する場合は、国内で生産して販売するよりも、商品の在庫がふくらんだり、供給不足になることが多くなります。輸入業者は在庫リスクや供給リスクについてよく理解し、対策しておくことが重要です。
為替と政策のリスク
外国から輸入し、販売する産品の売れ行きは為替の変動や政治情勢に大きな影響を受けます。為替が急速に変動して輸入品の価格が高騰すれば販売に影響しますし、政治情勢によっては輸入ができなくなることもあります。
風評リスク
海外から輸入し、販売する商品が風評により全く売れなくなることがあります。一部の食糧品が問題になると、他の輸入食糧品でも売上が大幅に落ちるなど、思わぬ分野に影響を与えることがあります。

実務と今後

正規代理店と並行輸入
外国の産品を輸入して国内で販売する場合、外国で生産する業者と正規代理店契約を結んで販売する場合と、正規品ではあっても外国でその商品を購入し並行輸入をして販売する場合があります。
現地法人と現地生産
輸入業者は外国にすでにある産品を輸入するだけではありません。自ら現地に進出し、現地法人を作って積極的に調達し、また現地工場をつくって自ら生産をすることも重要なビジネスです。
インターネットと輸入
インターネットの発達により、あらゆる商取引が大きく変わろうとしています。輸入ビジネスに携わる者としても、インターネットの影響を考えて行動し、またインターネットを積極利用することはとても大切です。
国際交流
輸入は外国にある産品を国内で販売・利用することを目的とするため搬入する行為です。輸入とは、いわばモノによる国際交流ということができます。国際交流ですから人と人の気持ち、つながりがとても大切です。
あこがれの実現
絵画や小説、映画、テレビドラマのDVDなどを輸入することで、海外の文化が国内に入ってきます。多くの文化が国内の人々がふれることで、外国へのあこがれが生じます。あこがれは外国の商品の購買意欲につながります。

輸入関連アイテム

輸入関連の本
輸入に関連した本を調査、紹介しています。輸入ビジネスを始める人の参考になれば幸いです。輸入関連の本特集ページです。

△ビジネス・思想・経営記事に戻る

ページのトップへ戻る