TamatsuLab
ブランド

ビジネス・思想・経営記事>高級ブランドの戦略

高級ブランドの戦略

高級ブランドの戦略について調査、紹介しています。ブランドの立ち上げ、ブランドイメージの維持と向上、広告や顧客対応、リピーター戦略など、高級ブランドを高級たらしめている秘密に迫ります。

高級ブランドの戦略

人々のあこがれをつくるビジネス

ブランドづくりはビジネスの基本です。消費者はブランドイメージによって商品の良しあしを判断します。商品の売れ行きだけでなく、価格設定や評判も消費者が持つブランドイメージによって大きく左右されます。

商品のブランドイメージによって集まってくる消費者も違ってきます。

安売りのイメージが定着したブランドには、ただ「安い」ことを期待して人が集まってきます。ひとたび安売りのイメージがついたら、ずっと安く売り続けなくてはいけません。

逆に、高級ブランドとしてのイメージが定着すればどうでしょうか。安売りを期待する人たちは近寄ってこないかもしれませんが、高級品を求める人々が少しずつ興味を持ち、近寄ってくることでしょう。

商品をより高い価格で、付加価値を付けて売りたい。富裕層を狙ってビジネスを展開したい。

それならば、高級ブランドを育てることです。高級ブランドを育てることにより、一般的な商品、安売り品と区別して商品・サービスを販売することができます。高級ブランドならば価格は高くて当然、人々はそれを正当なものとして受け入れてくれます。

高級ブランドづくりは、より良い商品をより高く販売するためにビジネスにおいて無くてはならない重要な戦略を言うことができるでしょう。

それでは、高級ブランドはどのようにつくればよいのでしょうか。どのようにすればブランドが高級ブランドとして育っていくのでしょうか。

ブランドの基本は、イメージです。消費者が価格の正当性を認めてくれるのは、理屈や理論ではなくイメージなのです。だから、消費者の心の中にイメージを植え付けることが大切です。

高級ブランドのイメージ、それは人々のあこがれです。

憧れの人生、ライフスタイル、達成感・幸せに囲まれた毎日を手に入れること、それが高級ブランドのイメージなのです。

一味違う広告をつくり、広告媒体を選ぶのも、商品の品質や特徴、パッケージにこだわるのも、あえてお客様を待たせ、突き放すのも、あこがれをつくるため、ひとたび手に入れたお客様がその商品・サービスを長く愛するようになるためです。

このサイトでは、高級ブランドをつくり、育てていくことについてその戦略を調査しています。

高級ブランドをつくりたいビジネスマンの方にとってご参考になれば幸いです。

高級ブランドの戦略

高級ブランドとは

立ち上げる理由と目的
なぜ、何のために立ち上げるのか、高級ブランドを立ち上げるからにはその理由と目的をはっきりさせることが大切です。理由・目的をはっきりさせることで高級ブランドとしての存在感をしっかりイメージすることができます。
ターゲットにする顧客層
高級ブランドを立ち上げるとき、誰をターゲットにするべきなのでしょうか。高級ブランドは一体どこの消費者を刺激し、どのような顧客層に「あこがれ」の気持ちを起こさせる必要があるのでしょうか。
差別化戦略
ブランドを高級ブランドたらしめているのは、何なのでしょうか。高級ブランドと他の平凡なブランドとは何が違うのでしょうか。「高級ブランド」と呼ばれるからには、普通のブランドとは何かが違うはずです。
高級ブランドのシンボル
高級ブランドは、他の商品・サービスとは一線を画さなくてはなりません。他の商品やサービスにはない高級ブランドとしての地位を確立するためにも、消費者がそれを区別・識別できるようにすることが必要です。
こだわり
高級ブランドにはこだわりがあります。何かにこだわり、何かを頑なに守っている人は応援したくなります。こだわりの気持ちに人々は共感します。納得できるこだわりがあると、人々がその商品・サービスを高級なものとして認めるようになります。

高級ブランドの広告

広告の作法
高級ブランドも広告を打ちます。広告を出さなければ人々の耳目に触れることはありませんし、人々に知られなければ商品やサービスが売れることもありません。ですから、高級ブランドといえども広告を打たないわけにはいきません。
広告媒体
高級ブランドが広告を打つときは、その広告媒体選びに注意をしなくてはなりません。どのような素晴らしい商品・サービスを提供していて、内容の充実した広告を打ったとしても、媒体を間違えていては効果はほとんど得られないからです。
口コミの仕掛け
高級ブランドに限らず、ビジネスでは口コミを最大限活用することが大切です。広告・宣伝は費用がかかります。できれば広告・宣伝にはあまり費用をかけずに集客し、売上を増やしていきたいものです。

高級であること

性能と品質
高級ブランドといえば、他の一般的な商品と比べても高級でお値段が高いものだというイメージがあります。他の商品よりも余計にお金を支払わなくてはならないのですから、性能・品質が優れていることが期待されます。
特別な特徴
高級ブランド品には他の一般的商品には無い、なにか特別な特徴があります。特別な特徴があることによって、そのブランドは他の商品と区別されます。それがイメージとなって消費者の心の中に残ります。
パッケージ
高級ブランドを購入するとき、消費者は何度も迷い、いろいろと考えた末に、大変な決断をしたという気分になります。わざわざ高いものを決意して買ったのですから、それなりの満足感が欲しいものです。

高級ブランドの戦略

待たせるサービス戦略
高級ブランドが高級であるためには、そのサービスの仕方も徹底してないくてはなりません。そのひとつが「待たせる」サービス戦略です。高級なものを提供するときはあえて顧客を待たせること、時間をかけることが必要なのです。
あえて突き放す
お客様をあえて突き放し、冷たくあしらおうとする。お客様に注文をつけ、「こんな人は来ないでください」とまで言う。そんなことは一般の営業マンではありえないことのように思われるかもしれません。
長く愛され続けるために
せっかく費用をかけて立ち上げても、長く続かず短命で終わってしまうブランドもあります。一方で、ずっと長く愛され続ける高級ブランドもあります。ひとたび立ち上がったブランドであれば、末長く愛され続けたいものです。

高級ブランド関連アイテム

高級ブランド関連の本
高級ブランドに関連した本を調査、紹介しています。高級ブランドのイメージ、それは人々のあこがれです。高級ブランド関連の本特集ページです。
接客関連の本
接客に関連した本を調査、紹介しています。接客次第でお客様の企業やブランドへのイメージは大きく違ってきます。接客関連の本特集ページです。
差別化戦略関連の本
差別化戦略に関連した本を調査、紹介しています。差別化を実現することで市場で有利に商品・サービスを販売していくことができます。差別化戦略関連の本特集ページです。

△ビジネス・思想・経営記事に戻る

ページのトップへ戻る