TamatsuLab
節電

ビジネス・思想・経営記事>ビジネスと節電

ビジネスと節電

ビジネスと節電についてみていきましょう。節電はもはや企業にとって節約の一手段にとどまらず、電力供給の課題を抱える我が国にとっての一大事です。あらゆる産業活動に抜本的な電力消費の削減が求められます。

ビジネスと節電

電力が低価格で安定供給されるのが当然のことと思われていた時代は、「節電」への取り組みというと、なんだかケチくさいイメージがありました。節電活動といっても、ただ単に「電気をこまめに消せ」とか、「ムダ遣いするな」と部下にハッパをかけるだけという企業も少なくなかったようです。
しかし、震災に伴う原子力発電の大事故と停電により、節電の重要性はにわかに高まります。私たちは電力供給が企業活動にとって極めて重大なリスク要因であることを思い知らされました。節電はいまや企業にとって「ちいさな節約」ではなく、将来生き残っていくための重要課題になりました。企業は全体が一丸となって、全力で「節電」に取り組んでいくことが求められます。
求められているのは「消費電力」というものさしでビジネスを見直すこと。そして、消費電力を根本的に減らせるよう、ビジネスモデル、システムをつくりなおしていくことです。
企業の組織構造を見直すことも大切です。安定した品質の商品・サービスを提供し続けながらも、その中で組織構造を見直し、改革して消費電力を少なくしていくのです。
このサイトではビジネスと節電についてみていきます。将来にわたり企業として生き残っていくためにも、ビジネスモデルを見直し、システム構造的に電力消費を少なくしていくよう取り組んでいきましょう。

ビジネスと節電

節電について

節電の意味
ビジネスにおいて、節電はどのような意味を持つのでしょうか。節電に取り組むことによって、どんな効果が期待できるのでしょうか。ここでは節電の意味について考えてみます。
ガマンする節電の限界
ガマンする節電には限界があります。電気を使わないようにと思って節電に取り組んでみると、意外とその限界がスグにやってくることに気が付きます。しかも、場合によっては社員のストレスがたまり、反動がおきるときもあります。
節電の考え方
節電に取り組むには、どんな考え方を持てば良いでしょうか。どういう方向性で物事を考えていけば、節電に繋がるのでしょうか。ここでは、節電に取り組んでいくための基本的な考え方についてみてみましょう。
節電の実際
節電を始めるといっても、具体的にはどんなことをするのでしょうか。何をすれば効果的な節電ができるでしょうか。節電するためには、どんなところに注目すればいいでしょうか。ここでは、節電の実際についてみてみましょう。

節電とビジネス

建物・建屋・購入設備と節電
電力の消費は、使用する建物、建屋、購入設備の影響を大きく受けます。大きな節電効果を得るためには、建屋や設備の特性に注目する必要があります。場合によっては節電効果に大きな差が出てきます。
企業の組織構造と節電
企業の組織構造は電力消費にも大きな影響を与えます。より大きく節電効果を実現していくためには、その組織構造を見直していく必要が出てきます。ここでは企業の組織と節電についてみていきます。
勤務時間と節電
政府や電力会社から節電の呼びかけがあるのは、主に夏です。夏の暑い季節、特に午後の2時前後の時間帯は電力消費がピークに達します。企業も節電に取り組む際、勤務時間についてもっと柔軟に考えることが大切になってきています。
顧客サービスと節電
ビジネスはお客さまに安定した品質の商品・サービスを提供し続けなくてはなりません。いくら節電が重要課題であるからといって、ビジネスマンは顧客サービスをなおざりにするわけにはいきません。

節電関連アイテム

節電関連の本
節電に関連した本を調査、紹介しています。節電はもはや企業にとって節約の一手段にとどまらず、電力供給の課題を抱える我が国にとっての一大事です。節電関連の本特集ページです。
節電タップ
節電タップを調査、紹介しています。節電はもはや企業にとって節約の一手段にとどまらず、電力供給の課題を抱える我が国にとっての一大事です。節電タップ特集ページです。
節電インテリア
節電に関連したインテリアを調査、紹介しています。節電はもはや企業にとって節約の一手段にとどまらず、電力供給の課題を抱える我が国にとっての一大事です。節電インテリア特集ページです。

△ビジネス・思想・経営記事に戻る

ページのトップへ戻る