TamatsuLab
心理学

ビジネス・思想・経営記事>心理学とビジネス

心理学とビジネス

心理学とビジネスとの関係について調査、紹介しています。ビジネス成功のためには心理学を活用することが必要です。心理学を活用したノウハウ・手法をいろいろ特集していきます。

ビジネスの成功法則には必ず心理学が

社会は高度に情報化し、複雑化しています。情報は今までにないルートで伝わり、ビジネスは日々変化をしています。
こんな中で、ビジネスにおいて心理学がふたたび注目され、その重要性が高まっています。
顔を突き合わせたビジネスのみでなく、インターネットを使った商取引においても心理学は重要であるといわれています。いや、むしろ相手の顔が見えないインターネットだからこそ、心理学はますます重要だといわれています。
心理学を巧みに活用することで、ビジネスを有利に進めることができます。逆に、心理学を心得ていないと、相手の動きを読むことが出来なくなり、無駄な労力ばかりがかかって成果がなかなかあがらないことになってしまいます。
ビジネスを成功させたければ、心理学を学ぶことはもう必須です。
心理学はビジネスマンにとって大きな武器になります。
なぜなら、社会を動かすのは人であり、お金やものが動くのは人の意志が大きく関わっているからです。
ただし、心理学と一口に言ってもその範囲はとてつもなく広く、様々な研究も行われています。
ビジネスマンは忙しいですから、心理学の全てを学ぶ時間はないですし、全てを学んでいては非効率です。
できれば、ビジネスに役立つ心理学だけをしっかり学んで、即座に実践していきたいところです。
そうして、人々を巧みに、効率的に動かしながらビジネスを有利に進めていきたいものです。
マーケティングは人の心理を読むことです。市場調査、流行を追う心理、ブランドイメージ、消費者がファンになる心理、義理や人情で商品を購入する心理など心理マーケティングについて見ていきます。
ビジネスは交渉が大事でです。交渉前の準備や交渉後のフォローもお互いの心理に大きく影響します。
お客様がクレームをしてくるとき、お客様は怒っています。クレーム処理のしかたはお客様の心理をよく心得ること。またクレームのメカニズムがわかれば、クレームを起こさない心理的な工夫もできるようになります。
さらに、ライバルの心理を読み、差別化をするときも、またチームをマネジメントし、プレッシャーをかけたりするときも人の心理をよく読むことが大切です。
このサイトでは、ビジネス成功のために役だつ心理学について調べていきます。
心理学から見たビジネスについての考察や、心理学の活用方法、ノウハウ・手法なども調べていきます。
0 このサイトがあなたのビジネスを成功に導く助けになれば幸いです。

心理学とビジネス

消費者と心理

市場調査と心理学
大企業、中小企業に関わらず、何か商品を販売する前には通常、市場調査を行います。どのような商品を仕入れればよいか、あるいはどんな新商品を開発すべきかを知るには、まず市場の声を聞くことが大切だからです。
流行を追う心理
人が流行の商品を選びたがるのは、流行しているものであれば安心だと思う心理が働いているからのようです。ビジネスでは流行の品、売れ筋商品を常にチェックして、効果的にお客様に見せていくことが大切です。
ブランドイメージ
商品やサービス、あるいはそれを提供している企業、地域などは、それぞれ特有のブランドイメージを形成しています。ブランドイメージは消費者にそれら商品・サービスを印象付けて、購買意欲を引き起こさせる効果があります。
ファンになる心理
ビジネスマンにとってファンはとてもありがたい存在です。ビジネスを成功に導くためには、ファン作りは欠かせません。ファンが出来やすい工夫をし、ファンを大切にすることがビジネス成功へのカギです。
義理と人情の心理
現代は都市化が進み、人間関係が希薄になったといわれています。ですから、いまどき義理人情なんて時代遅れでは、と思いがちですが、それが意外にも人というのはけっこうは義理や人情で動きます。

交渉と心理

交渉前の心理
ビジネス交渉は準備が大切です。いかに万全の準備をしておくかによって、交渉の成否が決まるといっても過言ではありません。交渉がうまくいくか、いかないかの大部分は、交渉を始める前に決まっているのかもしれません。
交渉中の心理
交渉中は様々なことがおこります。予想どうりのに相手が動き、準備したとおりの展開に話を持っていくことができるかもしれません。また逆に話が思いもよらない方向に転びだすかもしれません。
交渉後の心理
交渉ごとをすると緊張しますし、疲れます。知恵を使い、感情をあらわにし、焦り、驚き、そんな中でなんとか交渉がまとまると、ホッと気が抜けるものです。しかし、ビジネスでは交渉が済めばそれで終わりではありません。

クレームと心理

クレームとお客様の心理
お客様は商品・サービスを受け取り、その代価としてお金を支払います。商品やサービスの提供を受けるお客様は、商品の品質、あるいはサービスの質に期待しているからお金を支払うのです。
クレーム処理のしかた
ビジネスが拡大していくと、それにともなってクレームも増えやすくなります。クレームへの対応のしかたによっては、クレームを起こした人との関係だけでなく、後々のビジネスへも大きな影響をおよぼします。
クレームを起こさない工夫
ビジネスをしているとクレームが発生します。クレームは発生するものとして日ごろから準備し、処理方法を心得ておくことも大切ですが、クレームそのものが起きないような工夫をしていくことも大切なことです。

ライバルと心理

差別化戦略の目的
ビジネスではUSPを持つことが大切だといわれています。また、他社との差別化がビジネスの成否を左右するともいわれています。USPを持つこと、他社と差別化することはそれぞれ目的があります。
ライバルの心理
ビジネスにおいてライバルの存在は重要です。ライバルと競争していくことて商品やサービスのレベルアップになりますし、差別化戦略を取ることもできます。ライバルとの競争に勝ち残っていくためには、ライバルの心理を読むことがとても大切です。

チームと心理

チームマネジメント
ビジネスのほとんどは一人ではなく、チームを編成して行われます。チーム活動を効果的に行うためには、チーム内の密接なコミュニケーションとマネジメント、協力的なチームワークが不可欠です。
恐怖とプレッシャー
ビジネスはチーム活動がほとんどです。市場で有利にビジネスを展開するためには、チームメンバーを効果的に動かしていく必要があります。チームメンバーを効果的に動かしていくには抑えておくべきポイントがあります。

心理学とビジネス関連アイテム

心理学関連の本
心理学に関連した本を調査、紹介しています。ビジネス成功のためには心理学を活用することが必要です。心理学関連の本特集ページです。
市場心理関連の本
市場心理に関連した本を調査、紹介しています。ビジネス成功のためには心理学を活用することが必要です。市場心理関連の本特集ページです。
ビジネス心理関連の本
ビジネス心理に関連した本を調査、紹介しています。ビジネス成功のためには心理学を活用することが必要です。ビジネス心理関連の本特集ページです。

△ビジネス・思想・経営記事に戻る

ページのトップへ戻る