TamatsuLab
研究開発

ビジネス・思想・経営記事>研究開発のプロセス

研究開発のプロセス

研究開発のプロセスについて調査しています。研究テーマの選定から初期段階での計画やマーケティング、開発チームのマネジメントや市場モニターなど成功するための理想的プロセスを考察します。

研究開発とは巨額の費用を投じるギャンブルなのか?

研究開発は、企業の将来を左右しかねないくらい重要です。市場を席巻できるような進歩製品を開発できれば、企業も多いにシェアを伸ばすことができます。研究開発で大きな成果を出すことで企業としても大きく成長するチャンスが手に入ります。逆に、何らすぐれた新製品を開発できない企業はライバルに次々と先を越されることになります。何もしなければ商品がだんだん陳腐化し、市場シェアを失っていくことになるでしょう。
企業は存続し続けるために、また成長するためにも、継続的に研究開発する必要があります。
研究開発はまさしく、企業の将来のために必要不可欠なものであり、研究開発のゴールは企業の継続と繁栄にあります。
ところが、それほどまでに重要な研究開発でありながら、そのプロセスは必ずしも効率的、効果的なものにはなっていないようです。
研究開発のメンバーが社内報告や会議、打ち合わせにばかり時間を取られたり、予算承認の関係で多くのプロジェクトが進んだり、止まったりを繰り返すなど、企業の研究開発プロセスにはいまだに多くのムダや非効率性が潜んでいます。
また、市場ニーズも変化します。ライバルの動きも変わります。なにしろ今は情報が想像以上のスピードで伝わります。計画には自由度をもたせつつ、世界市場の動きをにらみながら先手を打っていくことが、これからの研究開発には欠かせないでしょう。
このサイトでは研究開発を成功させるためのプロセスについてその骨組みから見直します。そして研究テーマの選定から初期段階での計画やマーケティング、開発チームのマネジメントや市場モニターなど全体の流れとそれぞれの意義を考え、研究開発が成功するための理想的プロセスについて考察していきます。

研究開発のプロセス

研究開発とは

研究開発の定義
企業において、大学において、あるいは国の研究機関等において、さまざまな研究開発が行われています。多くの人たちが研究職として仕事従事していますし、毎年たくさんの開発品がつくりだされています。
研究開発の意味と位置づけ
企業、大学、および国などの組織体にとって、研究開発をすることはそれぞれ大切な意味があります。また、研究開発をどのように位置づけるかによって研究開発の成果や組織体の将来が大きく変わってきます。
研究開発のゴール
人は何かをするとき、目標・ゴールを設定すると良いといわれています。ゴールがはっきりと見えていれば、そこへ向かって最短距離を、わき目をふらずに進むことができます。ゴールがあることはそこへ向かうための動機付けになります。
研究開発による偶然の産物
研究開発は何を求め、何を成果とすべきなのでしょうか。成果の上がる研究開発とあがらない研究開発とは一体、何が違うのでしょうか。研究開発をより生花の上がるものにするためには「偶然の産物」の取扱いがとても重要です。
変化と想像力
研究開発は何のためにするのでしょうか。研究開発の目的は何でしょうか。企業、大学、および国などの機関においてさまざまな研究開発が行われています。そしてそれらの研究開発にはある共通の目的があります。

研究開発の計画

出資者の意向とモチベーション
企業、大学、そして国家等が研究開発に投資するのはそれぞれ理由があります。基本的には、企業であれば収益のためであり、大学であれば学術の進展による地位向上のためであり、また国家であれば国の威信や繁栄のためです。
課題とその解決方法
研究開発を進めるには課題が必要です。課題を見つけ出し、その課題を解決する方法を見出すことで研究開発は進捗し、成果をあげることができます。ですから、まずはその課題を見つけ出すことから始まります。
研究開発のチェックポイント
研究開発が、うまくいっているか、停滞しているのかは外からは非常にわかりにくいです。やたら口やかましく管理しようとしてもうまくいきませんんし、かといって研究開発チームにまかせっきりにするわけにもいきません。
ニーズのとらえかた
研究開発にはどれだけの投資をすれば良いのでしょうか。またどのような計画をたてるのが望ましいでしょうか。研究開発への投資および計画のたてかたは、ニーズをどのようにとらえるのか、またどようにしてそのニーズを満足するのかによって大きく変わります。
研究開発計画の自由と制約
研究開発の計画立案は非常に重要です。どのような計画を立てるかによってその研究開発の成否が大きく左右されます。また計画そのものが足かせとなって研究開発が成果をあげるのを阻むときもあります。

研究開発の管理

研究開発の人の管理
研究開発のチームメンバーをどのように管理していくのかは、研究開発を推進する上でとても大切な課題です。研究開発を成功に導くためにも、チームメンバーの管理をしっかりさせることは重要です。
研究開発予算の決め方
研究開発にはお金がかかります。企業、大学および国の研究開発を見てみると、非常に低予算の中で粛々と進められ大きな成果をあげた研究開発もあれば、巨額の予算を投じて派手に進められながらも全く成果をあげられなかった研究開発もあります。
研究開発のスケジュール管理
研究開発とは、未来をより良いものにするため、未知の、あるいは今まで常識とされてきた事象・現象を分析し、新たなアイデアを組み合わせで新商品や新しいシステムを世の中に送り出すことです。
研究開発による成果の管理
研究開発を進めることでたくさんの成果を得ることができます。研究開発によって得られた成果はスグに評価されるときもあり、評価されるまで長い時間がかかるものもあり、また全く評価されないものもあります。
プロセス管理
研究開発には決まったプロセスがあるのでしょうか。一定のパターンや同じやり方の繰り返しで、創造的で革新的な研究開発成果を得ることが可能でしょうか。それとも、研究開発でプロセス管理をすることはできないのでしょうか。

アウトプット

研究開発の論文
研究開発の重要な成果の一つとして論文があります。論文とは研究開発の目的、背景やその内容および試験結果や考察などをまとめたのもで、他の研究者などに有効に利用できるようにしたものです。
研究開発の報告書
研究開発を進めるうちに、計画の見直しを逐次行ったり、調査、実験データや考察結果などが蓄積されたりします。それら情報は通常、報告書という形でまとめられ、関係者などに配布されます。
設計図
研究開発の成果として重要なのが設計図です。設計図をつくることによって研究開発チームの構想・計画が具体化されていくとともに、その問題点などが浮き彫りになって完成度を高めていくことができます。

研究開発の効果

研究開発の投資対効果
企業にとって、大学にとって、そして国家にとって研究開発は投資です。投資であるからには、投資対効果を常に検証して、研究開発チームへの反省材料としていく必要があります。
多面的評価とありのままの反省
研究開発には大いに成果のあがったものもあれば、ほとんど成果のあがらなかったものもあります。成果のあがらなかった研究開発を反省するのはつらいものですが、しっかり反省しておかないと次につながりません。
組織体の反省と革新
研究開発は必ずしも企業や大学、あるいは国家などの組織体が望むような結果、成果をあげるとはかぎりません。組織体の意向に沿わないような研究開発を進め、組織体の利益に反する結果を出すことも少なからずあります。

研究開発関連アイテム

研究開発関連の本
研究開発関連に関連した本を調査、紹介しています。研究開発は、企業の将来を左右しかねないくらい重要です。研究開発関連関連の本特集ページです。

△ビジネス・思想・経営記事に戻る

ページのトップへ戻る