TamatsuLab
ソーシャルメディア

ビジネス・思想・経営記事>ソーシャルメディアとビジネス

ソーシャルメディアとビジネス

インターネットにおいてソーシャルメディアの重要性はますます高まっているといわれています。ソーシャルメディアの活用はいまや企業の重要課題です。ここではソーシャルメディアとビジネスについてみていきます。

ソーシャルメディアとビジネス

インターネットで自社の商品・サービスをアピールしたい、それならばソーシャルメディアを活用しない手はありません。ソーシャルメディアは低コストで効果的にビジネス拡大につなげることができる手段として、昨今ますます注目を集めています。
しかしながら一方で、ソーシャルメディアを活用してビジネスにつなげるのはとても難しいとも言われています。ソーシャルメディアで情報発信してもなかなか広まらず、商品・サービスの販売につなげるのは至難の業だというのです。
すでに多くの企業や事業主の方々がWEBマーケティングを研究し、さまざまなソーシャルメディアで情報発信しています。しかしがら、その中で効果的にソーシャルメディアをビジネスに活用できているのはほんの少ししかいないともいわれています。
ソーシャルメディアとは何なのでしょうか。ソーシャルメディアはどんな特性があるのでしょうか。どうすればソーシャルメディアをビジネスに活用できるのでしょうか。ビジネスマンとしてソーシャルメディアを活用する際には、何に気を付ければ良いのでしょうか。
ここではソーシャルメディアとその特性、ソーシャルメディアを活用して効果的にビジネス拡大につなげる方法、その際の考え方、留意点やヒントについて調査していきます。

ソーシャルメディアとビジネス

ソーシャルメディアについて

ソーシャルメディアとは
ソーシャルメディアとは、とりわけWEB上にて利用される双方向にコミュニケーションが可能な情報伝達媒体のことをいいます。双方向による通信ができることと、ネットワーク構築による伝達性があることが特長です
ソーシャルメディアの魅力
ソーシャルメディアはビジネスの効果的な広告・宣伝媒体として魅力的だと言われており、スモールビジネスのプロモーション手段として注目されています。ここでは、ソーシャルメディアの魅力について見てみましょう。
ソーシャルメディアのリスク
ソーシャルメディアはビジネスの情報発信手段として注目されています。しかしこれらは宣伝・広告媒体として見たとき、さまざまなリスクがあります。

ソーシャルメディアの特徴

誰もが情報発信できる
ソーシャルメディアでは誰もが情報発信できます。情報発信の双方向性、あるいは多方向性はソーシャルメディアの最大の特性といえるかもしれません。ソーシャルメディアの情報の発信源はその参加者全員なのです。
情報が偏る
ソーシャルメディアでは情報が偏ります。ソーシャルメディアに参加するユーザーたちは公平・中立な情報より、偏った情報を好むことがあります。そして、ユーザーが情報に反応することにより情報の偏りがエスカレートします。
個人的で退屈な情報
ソーシャルメディアに参加し、いろいろな人が情報発信しているのを見ていくと気になってくることがあります。みんな、自分のことばかり書いている、自分のことしか考えていない、そんな風に感じられてくるくのです。
マネする人が多い
ソーシャルメディアではマネする人が多いと言われています。誰か目新しいことをするとスグにマネをする人が出てきます。同じようなことをしている人がたくさん出てきて、どれがオリジナルかわからなくなってきます。
利用規約と暗黙のルール
ソーシャルメディアをビジネスで活用する場合、その利用規約に留意する必要があります。また、明文化された利用規約のみでなく、コミュニティ内の暗黙のルールにも注意することが大切です。いわばムラ社会の掟です。

人気になるには

話題のネタづくり
ソーシャルメディアで人気になるには「話題のネタづくり」が大切です。話題のネタがなければまともに情報発信できません。また話題が続かなければコミュニケーションも続きませんし、人々に飽きられてしまいます。
気くばり
ソーシャルメディアで人気になるには「気くばり」が大切だと言われています。情報発信するとき、コミュニケーションをとるとき、ソーシャルメディアの相手に与えるほんのちょっと気くばりが後々大きく効いてきます。
男と女の駆け引き
ソーシャルメディアで人気になるには、男と女の駆け引きについてもよく知っておくことが大切なようです。男と女はいろいろな場面で、惹かれあい、だましあい、裏切りあい、飽きもせずお互い誘い合っています。

ビジネスへの活用

売り込みはサイトで
ソーシャルメディアで売込みばかりをしていると嫌がられます。ビジネスの話ばかりでも飽きられてしまいます。メディアでは交流者を増やすのとファンづくりに専念し、売り込みはサイトでするのが良いでしょう。
行動を習慣づける
ビジネスにソーシャルメディアを活用するならインプリンティングを心がけましょう。インプリンティングはただ情報発信し続けるだけでなく、相手に特定の行動をさせるところまで習慣づけることに意味があります。
ファンを増やす
ソーシャルメディアをビジネスに活用するにはファンを増やすことがとても大切です。ファンを増やすには地道な作業が求められますが、場合によってはその作業はビジネスにって見逃せない負担になってしまいます。
拡散しやすい工夫
ビジネスとしてソーシャルメディアを活用するからには、できるだけ多くの人々の目にとまるようにしていきたいですよね。情報が多くの人々に広まるためには、拡散しやすい工夫を記事に織り込んでいくことが大切です。
同業者対応
ソーシャルメディアに参入してみると、すでにたくさんの同業者がアカウントを取得して活動しています。中には人気を集めている同業者もいます。ソーシャルメディアでは同業者対応が重要なカギになります。

ソーシャルメディア関連アイテム

ソーシャルメディア関連の本
ソーシャルメディアに関連した本を調査、紹介しています。ソーシャルメディアの活用はいまや企業の重要課題です。ソーシャルメディア関連の本特集ページです。

△ビジネス・思想・経営記事に戻る

ページのトップへ戻る