タマツラボ
カバーフォト

ブランドの歴史

ブランドという言葉はもともと、英語の「焼き印を押す」という言葉から派生したといわれています。焼き印というのは、ウシや馬などの家畜が誰の所有物かを明示するための目印です。


ブランドの歴史

ブランドという言葉はもともと、英語の「焼き印を押す」という言葉から派生したといわれています。焼き印というのは、ウシや馬などの家畜が誰の所有物かを明示するための目印です。
焼き印は、自分の名前などの形をした金属を高温で赤くなるまで熱して、家畜に押し付けて火傷の痕をつけるものです。家畜たちは熱くて痛いでしょうが、これによって隣の農家に家畜が紛れ込んだときなどのトラブルがあったとき、ちゃんと見分けをつけることができます。
ブランドという概念は中世ヨーロッパではじまり、産業革命により工業生産と商業が発達しはじめた頃に急速に広まりました。
ブランドが急速に広まった理由は、商業の発達により人やモノの動きが活発になり、ニセモノが多く出回るようになったからです。
商品にブランドをつけるようになった、その始まりについては諸説あります。
単に商品に名前をつけて販売しているだけなら大昔からあります。しかし、ニセモノ、模造品との区別をする目的でブランドをつけたというのは、あくまで中世以降のこととされています。
16世紀のヨーロッパでイギリスのウイスキーやスコッチなどの製造業者が、当時出回っていた多種多様なニセモノのお酒と区別するために始めたという説が有力です。
いずれにせよブランドは他の製品と区別する目的で商品に付けられた「目印」としてはじまりました。
現在は多種多様な商品にブランドが付けられています。ブランドはその製品の出所や生産地、品質をあらわすものとして表示され、消費者はブランドを見て製品が信用できるかどうかを区別しています。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る