タマツラボ
カバーフォト

ブランドイメージ

世の中にはいろいろなブランドがあります。ひとつひとつのブランドにはそれぞれ特徴があって、それぞれ独特のイメージを感じさせます。独特なイメージを感じれば感じるほど、そのブランドは記憶に残ります。


ブランドイメージ

世の中にはいろいろなブランドがあります。ひとつひとつのブランドにはそれぞれ特徴があって、それぞれ独特のイメージを感じさせます。独特なイメージを感じれば感じるほど、そのブランドは記憶に残ります。
ブランドイメージというのは、私たちがブランドを見たときに感じるその商品やサービスに対するイメージのことをいいます。ブランドイメージが重要なのは、消費者がイメージによってその商品を買いたいか、それとも買いたくないかを判断するからです。
商品にブランドをつけるのは、その商品が他の商品よりもすぐれているとして、消費者に選んでもらいたいからです。ですから、ブランドをつけた業者は、できるだけ消費者にその商品ことを印象付けたいところです。
ロゴマークを作ってブランドを視覚的に表現したり、コマーシャルで短いキャッチフレーズや音楽に合わせてブランド名を連呼するのは、視覚的、感覚的に消費者にブランドを印象付けるためです。
ところが、ブランドイメージというものは業者が一生懸命その商品を強調しても、なかなか消費者の心の中に定着するものではありません。なぜなら、ブランドイメージというのは商品そのものの性能や機能といった客観的優位性だけではなく、商品・サービスの満足感やクチコミによる評判などが大きく影響するからです。
ブランドイメージというのは宣伝・広告で一方的に押し付けるだけでなく、会社全体で商品、サービスを通じてつくりあげ、消費者が判断するものなのですね。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る