タマツラボ
カバーフォト

法律によるブランドの保護

せっかくブランドを付けて販売しても偽ブランド品が大量に出回って区別がつかない状態になってしまっては困ったことになります。正規品を販売している業者も売上が落ちてしまいますし、消費者もそのブランドを信用して買うことができなくなってしまいます。


法律によるブランドの保護

せっかくブランドを付けて販売しても偽ブランド品が大量に出回って区別がつかない状態になってしまっては困ったことになります。正規品を販売している業者も売上が落ちてしまいますし、消費者もそのブランドを信用して買うことができなくなってしまいます。
ブランドとその信用を守るためには、偽ブランド品が市場に出回るのを防止しなくてはなりません。偽ブランド品が出回るのを防止するためには、法律によってブランドを保護する必要があります。
ブランド品を製造、販売している業者は、ブランドを保護する法律をよく理解して有効に活用することが大切です。それは自社の売上を守るためでもありますし、消費者が安心して商品を買うことができるためでもあります。
ブランドを保護する法律はいろいろあります。
まず思い浮かべるのは商標法や不正競争防止法です。商標法とは商品やサービスに付した文字や図形などの識別標識である商標を保護する法律で、申請により商標権が発生します。
不正競争防止法とは、商品やサービスの表示方法や提供方法などを模倣するなど、消費者にその品質を勘違いさせるような行為を防止する法律です。
他にも特許法、意匠法、著作権法によってブランドの保護を図ることができます。
これらの法律は、なにもしなくてもブランドを保護してくれる、というものではありません。法律により保護されるためには、所定の手続きをするなど法律で定められた条件を満足する必要があります。
ブランドの保護について良くわからないときは弁護士さん、弁理士さんなどの専門家に相談すると良いでしょう。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る