タマツラボ
カバーフォト

普通名称化とその防止策

ブランド名を保護するためには商標登録をして、法律上の権利を得ることが重要です。ところが、登録商標になっても、その名前がブランドではなく普通名称として消費者に認識されてしまうことがあります。


普通名称化とその防止策

ブランド名を保護するためには商標登録をして、法律上の権利を得ることが重要です。ところが、登録商標になっても、その名前がブランドではなく普通名称として消費者に認識されてしまうことがあります。
普通名称として消費者に認識されてしまうと、たとえ登録商標として法律上の保護を受けていたとしても、そのブランドとしても効力は大きく減少してしまいます。なぜなら、消費者はその登録商標が付いていようが、付いていまいがあまり意識することなく類似の商品を購入してしまいますし、そそもそのブランド名が付いているから品質が良い、と消費者に認識してもらえなくなってしまうおそれがあるからです。
たとえ商標登録して権利を取ったからといって、業者はこれでブランドが守れると安心するわけにはいかないのです。業者はブランドを守り続けるためには、普通名称化を防止し消費者に商標登録されたブランド名を識別標識として認識させなければいけません。
ブランド名が普通名称化するのを防止する方法としてはいくつかあります。宣伝、広告で消費者に注意喚起する、紛らわしい商品販売や広告をする同業者に警告する、商品に付けるブランド名に登録商標であることを明記するなどです。
すでにブランド名が普通名称化してしまった場合は、新たなブランド名を立ち上げて差別化を図ったるのも一手です。
一旦商標登録されればそのままずっと権利として守られると思われがちですが、消費者にブランドとして認識され続けるには継続的な努力が必要なんですね。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る