タマツラボ
カバーフォト

ブランドのつくりかた

ブランドとは、他の商品よりもすぐれたものとして区別するために、製造・販売業者が商品、サービスに付けて消費者に認知してもらうものです。ブランドは消費者に認知されてこそ初めてその効力が発揮できます。


ブランドのつくりかた

ブランドとは、他の商品よりもすぐれたものとして区別するために、製造・販売業者が商品、サービスに付けて消費者に認知してもらうものです。ブランドは消費者に認知されてこそ初めてその効力が発揮できます。
製造・販売業者は一生懸命商品やサービスの差別化をはかり、品質管理を徹底して、さらにその素晴らしさを宣伝、広告します。でもそれだけではなく、消費者に認知されてこそブランドとして成功したといえるのです。さらに、消費者からの認識のされかたによってはブランドそのものへの高級感などのイメージが異なってきます。ブランドが成長するかどうかは、消費者がどのように認識されるかにかかっているといっても良いかもしれません。
ですから、ブランドをつくるときは消費者にどのように認識されるかをよく考慮しなくてはいけません。
ブランドのつくりたは、決まった方法があるわけではありません。時代によって、地域によって、年代によって、あるいはその商品を買う購買層によって、ブランドの認知のされ方が違ってくるからです。
現在世界で広く認知されている数々の有名ブランドたちも、その成り立ちを見てみるといろいろな試行錯誤や偶然があり、必ずしも決まった道のりがあるわけではありません。
それでも、ブランドづくりには一定の原則というものがあるはずです。その最低限の原則を守りつつ、センスや試行錯誤を経て、ブランドはつくられ、成長していくのです。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る