タマツラボ
カバーフォト

ブランドと差別化の重要性

ブランドは商品やサービスを差別化するために付けるものです。差別という言葉はあまり良い意味では使われない言葉ですが、ブランドにとっては商品・サービスを差別することはとても重要です。


ブランドと差別化の重要性

ブランドは商品やサービスを差別化するために付けるものです。差別という言葉はあまり良い意味では使われない言葉ですが、ブランドにとっては商品・サービスを差別することはとても重要です。
商品やサービスを差別出来なければブランドとしての意味を持たないことになるからです。
差別化とは、その商品が良いものだと消費者に認められるために、その商品と他の商品との相違点・優位点をつくることです。差別化をするのは消費者に認められるため、買ってもらうためです。
どれだけ良い商品を販売し、すぐれたサービスを提供していたとしても、お客様に全く気づいてもらえなければ差別化の効果はほとんど期待できません。
逆に、ほんのわずかな、いわゆる紙一重の違いであっても、お客様に認められれば大きな効果が期待できます。
差別化するポイントはお客様から見えるところでなければいけませんが、でもお客様に対してそのポイントを強調しすぎるとかえって逆効果になることがあります。そのポイントは必ずしも全ての人たちにすぐれていると認められる必要はありません。その商品を買ってくれる人、あるいはサービスを受けてくれる人にとって満足のいくものであり他の商品・サービスよりも優れているポイントとして認められれば良いのです。
差別化のポイントはブランドが消費者に認められるために、またブランドそのものが成長していくためにとても大切な、ブランドの生命線といって良いでしょう。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る