タマツラボ
カバーフォト

ブランドとターゲット

ブランドは消費者に認知され、高く評価されることで評判が広まり、多くの人々に知られるようになります。ただ、ブランドを立ち上げたばかりのときは、ほとんどの人はそのブランドを知りませんし、評価もしてもらえません。


ブランドとターゲット

ブランドは消費者に認知され、高く評価されることで評判が広まり、多くの人々に知られるようになります。ただ、ブランドを立ち上げたばかりのときは、ほとんどの人はそのブランドを知りませんし、評価もしてもらえません。
ブランドを立ち上げたとき、まずはそのブランドを消費者に認知され、評価されなければいけません。ただその際、やみくもに宣伝広告しても、広告費ばかりがかかってほとんど効果は得られないことになります。評判や評価がわからないものを消費者がいきなり買うということはあまり無いからです。
ブランドをつくるときは、まずそのブランドがターゲットにする消費者を絞り込みます。そしてその絞り込んだ市場の範囲内で高く評価されることをめざします。
ターゲットの絞込み範囲は、狭ければ狭いほど良いといわれています。
なぜ狭ければ狭いほど良いかというと、ひとつにはそれだけ宣伝広告の費用をかけずに済むということがあります。また、狭い範囲であればその範囲の人たちのニーズを深く理解して、そのニーズにマッチした商品やサービスをつくりやすくなります。さらに、消費者と接近、密着したコミュニケーションが取りやすくなるため、顧客満足度を高めるのもやりやすいのです。
ターゲットの絞り込み方は年齢、性別、職業、体格、趣味、地域、所得、信仰など、いろいろあります。徹底的に絞り込んでそのニーズを深く掘り下げ、そのニーズにマッチした商品、サービスを作り出すことは、ブランドづくりには欠かせない、とても重要なことです。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る