タマツラボ
カバーフォト

ブランド名とブランドイメージ

ブランドにはいろいろな名前があります。それぞれのブランド名はそれぞれ特徴がありますが、人々の記憶に残るブランド名は、音感、リズム感が良くて覚えやすいものが多いようです。


ブランド名とブランドイメージ

ブランドにはいろいろな名前があります。それぞれのブランド名はそれぞれ特徴がありますが、人々の記憶に残るブランド名は、音感、リズム感が良くて覚えやすいものが多いようです。
そのブランド名を聞いただけで商品、サービスを思い出すもの、あるいはブランド名を聞いただけでは商品、サービスを連想できないものなど、ブランド名と商品、サービスの関連はバラバラで、必ずしも一定の法則があるわけではなさそうです。
ブランド名のつけられかたもまちまちで、社内で公募して選定したもの、経営者のひらめきで決めたもの、モニター調査で選定したものなど、ブランド名の決められ方は多種多様です。
それでも、ブランド名はブランドイメージに大きく影響を与えます。その名前をを発音することにより出てくる音感、リズム感からイメージされるものごとや、国、地域などによりブランドそのものに対するイメージが大きく違ってくるのです。
ブランド名をつけることは、そのブランドの運命を左右する重要なプロセスです。
とはいっても、慎重に会議を重ねて作ったブランド名が必ず良い結果をもたらすというわけではありません。
逆に、単なる思い付きでつけた遊びの名前がブランド名として定着し、大きく成長することもあります。
ブランドの立ち上げ時にどんなブランド名をつけるのかはとても重要です。
ですが、成功するためには必ず時間とお金をかけてブランド名をつけなくてはならないかというと、必ずしもそうではないようです。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る