タマツラボ
カバーフォト

商品・サービスとブランドイメージ

ブランドは消費者に認められて初めてブランドになります。消費者に認められるためには、そのブランド名のもとで提供された商品、サービスが消費者に受け入れられ、満足されなくてはなりません。


商品・サービスとブランドイメージ

ブランドは消費者に認められて初めてブランドになります。消費者に認められるためには、そのブランド名のもとで提供された商品、サービスが消費者に受け入れられ、満足されなくてはなりません。
消費者はブランドを知ったとき、そのブランドに対して一定のイメージを感じます。そのブランドイメージが、これから受けるであろう商品やサービスへの期待値となるのです。高級なイメージのブランドであれば、それだけその商品、サービスへの期待値は高まります。そしてその期待に応えるような商品、サービスを受けられたかどうか、それとも期待を超えるような、あるいは期待を裏切るような「何か」があるかどうかによって、消費者の満足度は大きく変わってきます。
消費者の満足度は、そのブランドによる商品、サービスを再び受けたいかどうか、また家族や親戚、知り合いにその商品、サービスを教えたいかどうかに影響します。
クチコミで商品、サービスの満足度が広まれば、それだけブランドイメージが多くの人たちに定着していきます。
ブランドイメージづくりには商品の品質、サービスの質の向上とその安定性、一貫性が欠かせません。そしてさらに、ブランドイメージを強烈に印象付けるための「驚き」、あるいは「感動」が求められます。
成功しているブランドには必ずその商品、サービスにお客様を驚かせ、感動させる何かがあります。ブランドイメージはその商品、サービス全体で作り上げていくものなのです。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る