タマツラボ
カバーフォト

ロゴ・マークとブランドイメージ

広く成功している有名ブランドにはほとんど必ずロゴ、マークが付けられています。ロゴ、マークはそのブランドを代表するシンボルとして表示され、それを見た瞬間にブランドであると消費者に認識されます。


ロゴ・マークとブランドイメージ

広く成功している有名ブランドにはほとんど必ずロゴ、マークが付けられています。ロゴ、マークはそのブランドを代表するシンボルとして表示され、それを見た瞬間にブランドであると消費者に認識されます。
ロゴ、マークをブランドに付ける目的は識別をしやすくするためです。ロゴ、マークは識別標識として、そのブランドによる商品、サービスと他の一般の商品、サービスとを区別し、差別化するために付けられます。
そのため、ロゴ、マークは印象に残りやすく、また他の商品と区別しやすいものでなくてはなりません。また、法律上の保護を受けるためにも商品、サービスに付けられるロゴ、マークは商標登録出願することが大切です。
通常はブランドを立ち上げる初期の段階からロゴ、マークをつくって他の商品、サービスとの差別化を図ります。ロゴ、マークが無ければブランドとして消費者に認識されにくいため、ブランドイメージを確立するためにはロゴ、マークが必要なのです。
ブランドによっては、使っているロゴ、マークを変えることがあります。より認識されやすいロゴ、マークに変更したり、光沢や立体感を付けてより高級な雰囲気を加味したり、あるいは時代の流れにあわせて変化させたりします。ブランドの成長とともにロゴ、マークを少しずつ質感のある物に変えていくというブランドもありますし、中には以前と似ても似つかないロゴ、マークに変えてしまうブランドもあります。
ブランドイメージが定着したロゴ、マークはその商品、サービスを提供している業者、企業にとって大きな財産になります。ロゴ、マークは単なる識別標識ではなく、ブランドイメージや商品、サービスの売上に影響する重要な存在ということができます。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る