タマツラボ
カバーフォト

ブランドイメージの凋落

ブランドイメージを築き上げるのにはお金と、時間と、労力がかかります。宣伝広告、品質管理、従業員教育、消費者との関係づくりなど、地道な努力を経てようやくブランドイメージができあがるのです。


ブランドイメージの凋落

ブランドイメージを築き上げるのにはお金と、時間と、労力がかかります。宣伝広告、品質管理、従業員教育、消費者との関係づくりなど、地道な努力を経てようやくブランドイメージができあがるのです。
ところが、せっかくお金と、時間と、労力をかけて築き上げたブランドイメージでも、凋落するのはあっという間です。どんなに長年、費用と努力を積み重ねて消費者の信用を勝ち得てきたとしても、あっさりとブランドイメージは地に落ちてしまいます。
一体どんなときに、ブランドイメージが地に落ちてしまうのでしょうか。
ひとつは、品質問題や製品の表示偽装が発覚したときです。発生した品質問題や偽装問題が問題なのではなく、その後の会社の対応、経営者の態度がブランドイメージを大きく左右します。
どんなブランドでも商品、サービスを提供している限り品質問題はおきるものです。しかし、ブランドイメージは品質問題が起きた後の対応によって決まるのです。
すばやく対応、処置して、十分すぎるくらいの丁寧な謝罪をし、再発が起きないための手立てを即座に打てば、ブランドイメージにほとんどキズが付くことはないでしょう。かえって評判は高まるかもしれません。
言いわけや自分勝手な責任のなすりあい発言を繰り返し、問題処理もしぶしぶ対応しているようではブランドイメージは地に落ち、二度と消費者は買いに来ないでしょう。
ブランドイメージを凋落させないためには、品質問題をおこさないこともさることながら、問題が起きた後の対応こそが大きな意味を持ちます。

ブランドのすべて

ブランドとは ブランドの歴史
ブランドイメージ
法律によるブランドの保護
品質とブランドとの関係
普通名称化とその防止策
ブランドづくり ブランドのつくりかた
ブランドと差別化の重要性
ブランドの持つUSP
ブランドとターゲット
ブランドとプロモーション
ブランドイメージ ブランド名とブランドイメージ
商品・サービスとブランドイメージ
ライフスタイルとブランドイメージ
ロゴ・マークとブランドイメージ
ブランドイメージの凋落
ブランドマネジメント ブランドマネジメントの必要性
長く愛され続けるために

ビジネス・経営記事

ビジネス関連思想・経営関連
クラウドとビジネス
ソーシャルメディアとビジネス
ネットショップとその運営について
バイラルマーケティングの手法
ビジネスと広告
ビジネス交渉術
ブランドのすべて
ブログで人を集める秘訣
ホームページづくりについて
リレーションシップマーケティング
検索エンジン最適化(SEO)
心理学とビジネス
品質管理の基礎
傾聴とその効果
研究開発のプロセス
コンビニ経営について
家族経営論
ホテル経営とサービス
ユングと宗教心理学
飲食店経営のすべて
輸出のススメ
ビジネスと節電
原子力発電について
出口王仁三郎と霊界物語
輸入ビジネス
禅について少し
孫子兵法ビジネス
武士道のこれから
論語について
韓非子と法治国家
ページのトップへ戻る