TamatsuLab
slide3

ビジネスコミュニケーションについて

接客、会議、指揮命令や情報伝達と教育、海外とのコミュニケーションなど、コミュニケーションによってビジネスの成否は大きく左右されます。うまくコミュニケーションを取ることができれば驚くほどのスピードでビジネスを展開することができるでしょう。しかし逆に、コミュニケーションがうまく取れないとビジネスがなかなか進まないどころか、かえってトラブルを起こしてしまうことになるかもしれません。ここでは効果的なビジネスコミュニケーションについて考えていきます。

ビジネスコミュニケーションについて

コミュニケーションで大切なのは、相手の少しの変化を見逃さないこと、「話す」ことよりも「聞く」ことに集中すること、そして固定観念や先入観にとらわれないことです。
コミュニケーションがうまくいかないのは、相手のちょっとした変化を見逃している、相手の話をろくに聞いていない、あるいは思い込みや先入観で相手を見ているのが原因です。
会議や電話、メールのやりとりなどでこの3つをしっかりこころがけながら相手を観察すれば、相手の情報が手に取るようにわかります。


接客のコミュニケーション

接客には3つの重要なミッションがあります。この3つのミッションが達成できれば、接客は成功したといえます。成績の良い営業マンはこの3つのミッションの重要性をよく理解しています。逆に、成績の良くない営業マンは商品やサービスを販売することばかりで、これらのミッションの重要性を全く知りません。そうして焦って失敗ばかりしているのです。接客を成功に導く重要な3つのミッション、それは何でしょうか?接客するとき、どんなことに気を付けるべきでしょうか。


会議のコミュニケーション

会議は企業の頭脳が集まる場です。働く人たちが集まり、接客も生産も事務作業もせずに手を休めて情報交換する場です。何も生み出さず、ただ話をするだけでは、単なる人件費のムダ遣いになってしまいます。会議で効果的、効率的に情報交換し、適切な意思決定をするためには、どのようにすればよいでしょうか?どのようにすれば会議を、有意義で生産性の高いものにできるでしょうか?


教育とコミュニケーション

企業にとって、従業員の教育は将来への投資です。教育のしかたによってはその未来に大きな成果をあげることもできます。企業が教育する目的は、企業の成長に貢献する「人財」を育てることです。企業は積極的に従業員教育をしていくだけでなく、より企業の成長に貢献する「人財」が増えていくよう、教育そのものの質の向上に取り組んでいくことも求められます。


国際コミュニケーション

海外でビジネス展開するためには、その異なる文化の人々とコミュニケーショを取らなくてはなりません。場合によっては、意思疎通がうまくいかず、大きなトラブルに発展するかもしれません。外国人とコミュニケーションをとらなくてはいけない、そう思うだけで尻込みする人もいます。しかし、国際コミュニケーションはそれほど難しいことではありません。コミュニケーションの基本ポイントさえ抑えれば、思った以上に良好にコミュニケーションを取ることができるようになります。グローバル化の時代において、国際コミュニケーションのスキルを持つことは企業にとって大きな強みになります。ぜひ国際コミュニケーションスキルを身につけ、グローバルなビジネス展開をしていくうえでの強みにしていきましょう。


△コミュニケーションコンサルティングに戻る

ページのトップへ戻る