タマツラボ
カバーフォト

競争

株式会社タマツラボはウェブ、海外ビジネス、コミュニケーションについてのコンサルティングを提供しています。競争は時として人を夢中にし、勝ちたいと思う気持ちを刺激します。ここでは競争について考えていきます。

競争

競争とは成績を競い、勝敗を争うことです。競争することで人は勝ちたいと思い、より良い成績を残そうとします。できるだけ点数を稼ぎ、良い結果を残すためにいろいろと頑張るのは、競争を意識しているからです。
競争は、面白いときもあれば、つまらないときもあります。実力が拮抗して誰か勝つかわからないと、競争は見ていて面白いです。実力差がはっきりしていつも同じ人が勝ってばかりだと、競争はつまらなくなります。
人々が競争に興味を持つためには、競争そのものが面白くなければなりません。誰が勝かわからずにハラハラするからこそ、競争は面白いのです。
ビジネスに競争を取り込むのも効果的です。従業員同士を競争させる、お客さん同士で競争させるなど、人々の心を刺激するのに競争を取り入れることがあります。
従業員同士の競争をお客さんに見せたり、あるいは従業員とお客さんの間で競争させたりするのもアイデアとして良いかもしれません。競争は人々を夢中にさせるエンターテイメントとしていろいろな活用方法があるのです。
ビジネスに競争を取り入れる場合、勝った人が喜んでも、負けた人が立ち去ってしまえばだんだん競争が盛り上がらなくなってしまいます。競争に勝った人をたたえるだけでなく、負けた人のケアも大切です。

競争勝ちたい気持ちゲーム勝利の味
ページのトップへ戻る