タマツラボ
カバーフォト

夢と目標

株式会社タマツラボはウェブ、海外ビジネス、コミュニケーションについてのコンサルティングを提供しています。夢や目標があると人は前向きに前進することができます。ここでは夢と目標について考えていきます。

夢と目標

夢とは眠っている間に見るはかない幻想です。夢の中では空を自由に飛び回ったり、時空を超えていろいろな人に会ったり、できないことができるようになったりと、願いや欲望が実現することがあります。それが目が覚めると、一気に現実にひきもどされます。
そうして、夢はよかったなあ、夢のようになりたいなあと人は思うことが多いのです。すなわち夢は人の憧れとなり、願いとなり、実現したい想いの結晶となるのです。
目標とは到達すべき目印のこと、狙うべき的のことです。目標があると、人はその目標をめざすことができます。ただなにげなく日々を過ごすのでなく、目標に向かって進むことができます。
目標はいわば、あこがれの夢を実現するために設置する道標です。目標を持たない人はただうろうろするだけですが、目標を持つ人は毎日自分自身を高めることができます。
しかし、あこがれの夢を実現したいと思っても、具体的にどうすればその夢が実現できるかわからなければ、目標をどう設定していいかわからないかもしれません。
いきなり高い目標を設定すると、なかなか実現できなくてあきらめてしまうこともあります。かといって目標が低すぎると、いつまでたっても夢にはたどりつかないかもしれません。
夢を実現するために、目標を設定することは大切です。しかしながら、どのように目標を設定するかは、なかなか難しいものがあるかもしれません。

夢と目標目標前進する力
ページのトップへ戻る