TamatsuLab
健康生活

健康・医療・学習・自己啓発記事健康生活のために>病気になる要因

病気になる要因

人々は健康でいたいと思っています、いつまでも健康でい続けたいと心の底では願っています。健康でい続けたいと願っているにもかかわらず、人々が病気になるのは、一体どうしてなのでしょうか。

病気になる要因

人が病気になるのには、何らかの要因があります。

ひとつには細菌、ウイルスの感染による発症です。菌やウイルスは人々に病気をもたらしますから、菌やウイルスを体内に入れないことが大切です。

しかしながら、菌やウイルスに全く接触しないと、人間の免疫力が低下することがあります。免疫力とは、菌やウイルスが体内に入っても病気になりにくいように、体内に抗体を持つことです。

予防接種などではあえて病原菌を体内に注射し、抗体を作らせて病気を予防するという方法が取られています。

身体の過剰反応によって病気になる場合があります。いわゆるアレルギー反応です。花粉やおクスリ、サプリメント、化学調味料、洗剤、ダニの死骸やハトなど、さまざまなものでアレルギーがおこります。

食生活などの生活習慣が病気を引き起こすことがあります。糖分、脂肪分、塩分の摂りすぎ、食べすぎ、アルコールの摂取しすぎ、飲みすぎ、また喫煙習慣、ビタミンなどの栄養不足、運動不足といった生活習慣上の問題は病気と密接な関係があるといわれています。

環境被害によって病気になることがあります。工場排水や排気ガス、排煙、粉塵、農薬、環境ホルモン物質など、人体に悪影響をもたらすものは少なくありません。

人が病気になるのはいろいろな要因があります。神経質になりすぎるのも考え物ですが、健康でいつづけるためには気をつけるにこしたことはありません。

△健康生活のためにに戻る

ページのトップへ戻る