TamatsuLab
健康生活

健康・医療・学習・自己啓発記事健康生活のために>悩みと不安

悩みと不安

多くの人は、何かしらの悩みや不安を抱えています。たとえ病気になっていなく、肉体的には健康そのものだとしていても、悩みや不安で押しつぶられそうな状態になっていては、健康であるとはいえません。

悩みと不安

人は、いろいろなことで悩みを感じます。人間関係の悩み、お金の悩み、自分の顔や身体についての悩み、あるいは、家族や政治、社会の悩みなどなど、それぞれの人々が、それぞれの悩みを抱えています。

悩みは人の元気をなくします。元気がなくなると、人は勇気を失い、行動したがらなくなります。悩みを抱え続けると病気になりやすいといわれているのは、悩みが人の行動に影響を与えるからです。

生きていると、いろいろな不安を感じないわけにはいきません。どんな人も、不安はなくなりません。不安は未知のものに対するおそれです。

不景気になるとこれからの社会が不安になります。外国との軍事的緊張が高まると、とても不安です。失業率のニュースや、年金のニュース新聞を読むたびに、自分の未来、将来が不安になります。

資産が無ければ将来が不安です。資産があればあったで、それもまた不安です。子どもがいなければ自分の老後が不安です。子どもがいれば、子どもの将来が不安になります。

押しつぶされそうなくらい不安が多いと身体に悪影響を与え、健康を害することがあります。

健康生活を続けるためには、悩みも、不安も、抱えすぎないことが大切です。

△健康生活のためにに戻る

ページのトップへ戻る