TamatsuLab
健康生活

健康・医療・学習・自己啓発記事健康生活のために>食事のリスク

食事のリスク

毎日の健康のため、明るく楽しい毎日を過ごすため、食事はとても大切です。食事をすることによって、いろいろなものを体内に取り込みます。それゆえ、食事には身体を害する物質を取り込んでしまうリスクがあります。

食事のリスク

食事には何らかの菌、ウイルスが含まれています。食事には栄養素が豊富にあり、菌、ウイルスが好む環境が整っていますから、食事をそのままにしておくと、菌、ウイルスが繁殖して食べられなくなってしまいます。

野菜や果物はできるだけ新鮮なものを食べます。保存するときは冷凍室や冷蔵庫で、あるいはあえて菌を使って発酵させたり、乾燥させたり、燻製にしたりします。

また、食べる際は焼いたり、煮たり、炒めたりして調理します。

これらは、食事を楽しく、美味しく食べるためということもありますが、人体に有害な菌やウイルスを排除し、食事によるリスクを低減するための知恵でもあります。

また、食べる前にニオイをかいだり、味を確かめるのは、食べものが菌などによって有害になっていないかを確かめるためです。嗅覚や味覚は、食事が有害かどうか確かめるために、人の身体に備わっている能力ということができます。

現在は化学調味料や合成保存料、その他の化学物質が食事に広く使われています。化学物質を長期間にわたって摂取しつづけることによる、人体への様々な悪影響が心配されています。

健康生活のためには、日々の食事にどのようなリスクがあるのかをよく理解し、よく気をつけてリスクを回避しつづけることが大切です。

△健康生活のためにに戻る

ページのトップへ戻る