TamatsuLab
健康生活

健康・医療・学習・自己啓発記事健康生活のために>食事と生活のリズム

食事と生活のリズム

例え同じ食事を同じ分量食べたとしても、そのタイミングによって身体への影響が大きく違ってきます。健康生活を目指すひとにとって、食事のリズムはとても大切で、よく守らなくてはなりません。

食事と生活のリズム

「規則正しい食事をしましょう」と言われたことはないでしょうか。

食事はその内容もさることながら、朝、昼、晩と三食、規則正しく食べていくことが重要だと言われています。

規則正しいとは、分量、食事をする時間帯、そして食事にかける時間を毎日同じだけ、しっかり取るということです。

分量が偏ると、肥満や糖尿病、また逆に、栄養失調の原因になることがあります。適正な分量を朝、昼、晩とほぼ同じくらい食べるのが良いといわれています。

食事をする時間帯も健康生活に大きく影響します。人間には体内時計があり、夜になると眠くなり、朝になると目覚め、ご飯の時間になるとおなかがすきます。食事の時間を毎日ほぼ同じにすることで、体内時計を安定させることができ、適正な時間に消化液などが出て食事を消化しやすくしてくれます。

食事にかける時間も重要です。時間が無いからといって、飲み込むようにして食べると胃腸に負担をかけます。一口ごとに良く噛んで食べることが健康生活には欠かせません。

「規則正しい食事」をすることで、毎日の生活に安定したリズム感が出てきます。それが胃腸を働きやすくし、食事から効果的に栄養素を取り込むことができます。

△健康生活のためにに戻る

ページのトップへ戻る