TamatsuLab
健康生活

健康・医療・学習・自己啓発記事健康生活のために>身体への負担

身体への負担

運動をすることは身体のため、健康のために良いとされています。しかしながら一方で運動が身体に大きな負担となることがあります。また運動は身体を傷めつけることもあり、よくよく注意が必要です。

身体への負担

人は実現したい目標を持ち、競争意識を持つと熱心になります。運動をするときも目標を持ち、競争心を持つことで熱心に取り組むことができます。

スポーツは戦う相手、競争する相手がいて優劣を競います。競争することで皆がより熱心に練習し、激しく運動してより高いレベルの戦いができるようになります。

競争のために人は、時として限界を超えて運動してしまいます。試合で勝ちたい一心で、無理をしてしまうのです。

競争相手に勝つため、成績を出すために無理して筋肉をつけようとすれば、どうしても身体にひずみが来ます。じん帯や関節を傷めたり、内蔵に負担をかけたりするなど、無理をすればするほど体に負担をかけることになります。

運動を突然やめるのも身体にとっては負担です。毎日運動していた人が突然運動をやめてしまうと、生活リズムや基礎代謝、内臓の働きなどが狂ってしまいます。引退したプロスポーツ選手は急に運動をやめるのではなく、少しずつ運動負荷を少なくしていく必要があるといわれています。

運動は生活リズムをつけ、食欲をおこし、心地よく睡眠するために必要です。健康生活を目指すためには、身体への負担とならないよう配慮しながら運動量を決めていくことが大切です。

△健康生活のためにに戻る

ページのトップへ戻る