TamatsuLab
健康生活

健康・医療・学習・自己啓発記事健康生活のために>競争社会のひずみ

競争社会のひずみ

競争社会で生きていかなくてはならない私たちは、身体に、心に、いろいろなひずみを受けています。ひずみにより、生きていくうえで私たちは、心と身体が感じるストレスについてマネジメントしていくことが必要です。

競争社会のひずみ

競争は人をかりたて、一生懸命にさせる効果があります。一生懸命になれば成績は出ますし、成果があがりやすくなります。ですから、学校で、会社で、いろいろなところで競争原理が利用されています。

競争原理をとりいれることで人々が活発に競争し、活気ある社会をつくることができます。

ところが、競争原理をひたすら追い求めることによって、人々が過度の緊張、ストレス、そして恐怖を感じるようになります。

人は競争に勝つために一生懸命働き、勉強に・仕事に取り組むようになります。それだけならば競争するのも良いかもしれませんが、必死になりすぎるあまりムリをして精神や肉体に問題を起こしてしまうひとも少なくありません。

また、競争あるところには不正がつきまといます。不正を行う人たちが社会を支配し、不正により勝ち組と負け組が決められることで、社会に大きな不公平感が立ちこめ、不満とうらみが蔓延します。

どんな社会にもひずみはあります。愚痴や文句を言いたくなるときもあるでしょうが、だからといって自分の心と身体をひずんだままにしてしまうのは損です。

ひずみのある競争社会のなかではさまざまなストレスが人を襲います。生きていくためには、ストレスをかわして自分に出来たひずみを取ることが必要になっていきます。

△健康生活のためにに戻る

健康とは

健康の定義
健康でい続けることは多くの人々にとって理想であり、願いです。生きていくからにはいつまでも若々しく健康でいたい、病気になって苦しみたくない、人々がそう心から願い、望むのは無理からぬことです。
病気になる要因
人々は健康でいたいと思っています、いつまでも健康でい続けたいと心の底では願っています。健康でい続けたいと願っているにもかかわらず、人々が病気になるのは、一体どうしてなのでしょうか。
健康と四苦
人生には四つの苦しみ、いわゆる四苦があります。人は例外なく、四苦にさらされなくてはなりません。人はこの世に生まれ、生き続けていく限り、四苦からは逃れることが出来ないといわれています。
悩みと不安
多くの人は、何かしらの悩みや不安を抱えています。たとえ病気になっていなく、肉体的には健康そのものだとしていても、悩みや不安で押しつぶられそうな状態になっていては、健康であるとはいえません。
時間と存在
人は生まれ、生き、年老いて死んでいきます。人の人生は有限です。人は有限な時間の中で、与えられた自分の身体とともに一生をすごす存在です。健康生活を目指すのは、その有限な時間をできるだけ元気で楽しいものにしたいからです。

食生活

食事の大切さ
人は毎日、食事によって栄養をとって生きています。食事以外の方法でも、サプリメント、おクスリ、栄養ドリンクや点滴などで栄養を補給することも可能ですが、食事によって栄養をとることはとても大切です。
食事のリスク
毎日の健康のため、明るく楽しい毎日を過ごすため、食事はとても大切です。食事をすることによって、いろいろなものを体内に取り込みます。それゆえ、食事には身体を害する物質を取り込んでしまうリスクがあります。
食事と生活のリズム
例え同じ食事を同じ分量食べたとしても、そのタイミングによって身体への影響が大きく違ってきます。健康生活を目指すひとにとって、食事のリズムはとても大切で、よく守らなくてはなりません。
歯と食事
私たちは毎日、食べものを口を通して体内に取り込みます。歯は食べものを唾液とともに柔らかくして食道、胃へと送り込むために、噛み砕く役割を持ちます。全身の健康のため、歯はとても大切です。
家族との食事と会話
健康生活のために、食事はとても大切です。食事が大切だというのは、食事の内容、分量、時間やその栄養素の大切さだけでなく、家族とともに食事をし、会話を楽しむことの大切さが含まれます。

運動について

適度な運動と健康
健康であれば、いろいろな運動ができます。適度な運動を続けることによって、健康を維持していくことができます。運動と健康は密接な関わりがあります。健康生活を目指すひとにとって、運動はとても重要です。
呼吸
人は一日中呼吸をします。呼吸は人が生きていくうえで必要不可欠な運動です。呼吸に気を使い、呼吸をしっかりさせることは、健康生活を続けるためにとても大切な意味を持っています。
ストレッチ
一日の中でほんのすこし、たった5分でもいいですから時間をとり、ストレッチをしましょう。ゆっくりと呼吸しながら身体を伸ばすことはリラックス効果・マッサージ効果とともに四肢の健康を維持・向上してくれます。
生活リズムと運動
毎日の生活リズムは生きていくうえで必要なだけでなく、身体と心の健康状態を大きく左右します。生活リズムを良い状態で安定させることは、健やかな身体をつくり、精神を安定させるために必要なことです。
身体への負担
運動をすることは身体のため、健康のために良いとされています。しかしながら一方で運動が身体に大きな負担となることがあります。また運動は身体を傷めつけることもあり、よくよく注意が必要です。

ストレスマネジメント

競争社会のひずみ
競争社会で生きていかなくてはならない私たちは、身体に、心に、いろいろなひずみを受けています。ひずみにより、生きていくうえで私たちは、心と身体が感じるストレスについてマネジメントしていくことが必要です。
言葉がけ
言葉には、不思議な魔力といっても良いようなチカラがあります。たったひとことの言葉がけで人が病気になることもあれば、立った一言の勇気ある言葉で人が健康を回復することもあります。言葉がけは健康にとって大きな意味があります。
ストレスの発散
社会生活をしているとストレスがたまります。ずっとストレスを溜め込んでばかりでは、息が詰まってしまいます。人は何らかの方法でストレス発散をする必要がありますが、それがまた新たな問題を引き起こすことがあります。
うらみ、憎しみと病気の関係
他人に恨みや憎しみの感情を持つことによって、病気になることがあります。また人に恨まれたり、憎まれたりするようなことをすることによってもまた病気になります。健康生活のためには、恨み・憎しみの感情から離れる必要があります。
内観法
ストレスは知らず知らずのうちに身体を蝕んでいきます。ストレスの原因はひとそれぞれで、自分で原因がわからない場合もあります。自分を蝕むストレスの原因を探る方法のひとつとして、内観法があります。

こころがけ

部屋を明るく
社会生活を続けていると、気分が落ち込むときがあります。心理的にまいってしまう状態が長く続くと、健康に悪影響を与えるようになります。落ち込んだ気分を少しでも和らげるには、自分のお部屋を清潔に、明るくすることが大切です。
余計な欲を持たない
健康生活を目指すのであれば、何も求めないこと、何もほしがらないことです。人は欲を持ちつづけると行動がおかしくなります。余計な欲を持たないことが人々の心をスッキリ健全にし、健康な心と身体をつくってくれます。
悩まない・イライラしない
社会生活を送っていると、いろいろと自分ではコントロールできないことが起こります。自分の思い通りにいかないと悩んだり、イライラしたりするもので、時としてそれが健康に悪影響を及ぼすことがあります。
愛のチカラ
健康生活を続けるためになくてはならないもの、それは愛の力です。愛すること、愛し続けることは人の心を充実させてくれます。愛は人生を豊かにし、健康で楽しい生活を実現させてくれるのです。
極端にならない
健康生活を目指すのであれば、極端な方向には走らないようにすることが大切です。神経質にならず、一方的な考えに偏らないこと、極端な行動をやめて適度に行くことは、健康生活の基本です。

健康生活関連アイテム

健康生活関連の本
健康生活に関連した本を調査、紹介しています。根気良く健康生活をこころがけましょう。健康生活関連の本特集ページです。
カイロプラクティック参考書
カイロプラクティック参考書を調査、紹介しています。根気良く健康生活をこころがけましょう。カイロプラクティック参考書特集ページです。
生活習慣参考書
生活習慣参考書を調査、紹介しています。根気良く健康生活をこころがけましょう。生活習慣参考書特集ページです。
健康管理参考書
健康管理参考書を調査、紹介しています。根気良く健康生活をこころがけましょう。健康管理参考書特集ページです。
健康食品
健康食品を調査、紹介しています。健康にもっと気を使いましょう。健康食品特集ページです。

ページのトップへ戻る