TamatsuLab
健康生活

健康・医療・学習・自己啓発記事健康生活のために>うらみ、憎しみと病気の関係

うらみ、憎しみと病気の関係

他人に恨みや憎しみの感情を持つことによって、病気になることがあります。また人に恨まれたり、憎まれたりするようなことをすることによってもまた病気になります。健康生活のためには、恨み・憎しみの感情から離れる必要があります。

うらみ、憎しみと病気の関係

時として人は他人を恨んだり、憎んだりします。そういった感情が一時的なものであれば大きな問題にはならないかもしれませんが、長い間にわたって他人をうらみ続け、憎み続けると自分の身体に良くない影響を及ぼすことになります。うらんだり、憎んだりする感情が身体にたまりこんで、心の病気になったり、内臓などの疾患を誘発することがあります。閉じ込めていた良くない感情が時間をかけて身体を蝕んでいくのです。

他人に恨まれ、憎まれることでも、身体への疾患をもたらすことがあります。

恨みとか、憎しみといった感情は人の表面に出てくることもありますが、多くの場合は心の奥底にしまいこまれています。ところが、本能や潜在意識はそれらの感情を敏感に察知します。

なんとなくこの人には嫌われている、あるいはニガテな人だと感じることがあるのは、相手が感じている憎しみの感情を本能や潜在意識が感じ取っているのです。

自分が他人に嫌われている。そう感じることが増えてくると、知らず知らずのうちに身体に悪影響が現れます。

健康生活を目指す人は、恨み・憎しみの感情を持つことも、他人にうらまれ・憎まれることも避けなくてはなりません。

人間関係でマサツや悩みをおこさないよう、気をつけて毎日をすごしましょう。

△健康生活のためにに戻る

ページのトップへ戻る