TamatsuLab
健康生活

健康・医療・学習・自己啓発記事健康生活のために>部屋を明る

部屋を明るく

社会生活を続けていると、気分が落ち込むときがあります。心理的にまいってしまう状態が長く続くと、健康に悪影響を与えるようになります。落ち込んだ気分を少しでも和らげるには、自分のお部屋を清潔に、明るくすることが大切です。

部屋を明るく

自分のお部屋はストレスに満ちた社会から離れ、帰ったときに自分自身に戻り、くつろいですごすことができる空間です。寝たり、テレビを見たり、インターネットで自分の好きなホームページに訪問して楽しんだりします。

その自分のお部屋、自分自身の空間が暗くて汚れていると、自分自身の潜在意識もだんだん良くない影響を受けるようになります。お部屋の雰囲気が人間の心理と行動を支配してくるのです。

自分の気持ちを変えたいとき、お部屋を掃除しましょう。気分を明るくしたいのであれば、お部屋を明るくしましょう。運勢などが気になる人は、風水の本を買ってお部屋を変えてみるのもいいでしょう。

外でつらい思いをしたとき、挫折したとき、気分が落ち込んだときに、自分のお部屋で気分をやらわげ、回復することが大切です。そのためには、明るくて元気になるようなお部屋を作っていくことです。

自分のお部屋は一番リラックスした状態のときに自分自身を取り囲んでいる空間であり、その影響力は非常に大きなものです。ぜひとも丁寧に、こまめにお掃除してあげて、明るいお部屋づくりをこころがけましょう。

△健康生活のためにに戻る

ページのトップへ戻る