TamatsuLab
投資生活

健康・医療・学習・自己啓発記事投資生活>投資商品

投資商品

投資商品というのは投資家がお金を出しやすいように、投資案件等を商品化したものです。狭義には投資信託のように投資のプロに運用を任せるものをいい、広義には通常私たちが目にする投資の多くが含まれます。

投資商品

広義の投資商品としては、株式投資(日本株、外国株、ミニ株等)、債券投資、外貨預金、外国為替取引、商品および商品先物取引、不動産投資信託などがあります。一般投資家は販売業者を介してそれらの金融商品に投資します。
通常、販売業者は一般投資家を募集し投資させ、その手数料で収入を得るというビジネスモデルで運営しています。
今では驚くほど数多くの投資商品が販売され、活発に宣伝、広告されています。
こういった投資商品が数多く生み出され宣伝広告されているのは、一般の人たちから資金を集めるためです。一般投資家も、よく宣伝・広告されている商品、安心できそうで魅力的に見える投資商品により多く投資します。
ですから、販売業者は宣伝・広告にチカラを入れ、どのようにすれば投資商品が魅力的に見えるかを競っています。
ただし、業者の中にはリスクの高い商品を、まるで安全なもののように見せかけたり、セミナーなどで投資家の欲を煽り立てて投資させようとしているところも少なくありません。
また、投資商品も複雑化しており、個人投資家がそのリスクを見破るのはむつかしくなってきているようです。
投資商品はあくまで資金を調達するためにつくられたものであり、そこで利益をあげるのはかなり難しいことを覚悟しておく必要がありそうです。

△投資生活に戻る

投資とは

投資する意味
人はなぜ投資をするのでしょうか。投資には一体、どんな意味があるのでしょうか。投資をすることで人はどのように変化するのでしょうか。ここではまず、投資する意味について少し考えてみます。
投資の方法
投資とは、利益を見込んで何かに資金を出すことです。投資はその資金の出どころと投資対象(投資をする何か)によっていくつか方法があります。ここでは投資の方法についていくつか紹介します。
投資計画
投資は利益を見込んで、企業、事業や人などに資金を投じることです。投資をする前に考えておきたいのがどれくらいの期間投資するか、そして利益をどのように回収するかです。失敗しないためには投資計画をしっかり立てておくことです。

投資の種類

投資商品
投資商品というのは投資家がお金を出しやすいように、投資案件等を商品化したものです。狭義には投資信託のように投資のプロに運用を任せるものをいい、広義には通常私たちが目にする投資の多くが含まれます。
事業・プロジェクト
投資は一定の利益を見込んで何かに資金を出すことです。資金を出すからにはその投資対象は何らかの利益を見込めるものごとである必要があります。例えば何らかの事業・プロジェクトがその投資対象となりえます。
人への投資
投資は将来の利益を見込んで、事業や人などに資金を出すことです。中でも人に投資することは、少ない投資資金で大きな利益が期待できる、数少ない非常に優良な投資ということができます。

投資のリスク

後悔し、臆病になるリスク
投資にはリスクがあります。投資は成功もすれば失敗もします。投資のリスクは成功や失敗そのものではなく、その成功体験や失敗体験に投資家の行動パターンが影響を受けることです。
失敗を繰り返すリスク
投資家はよく失敗を繰り返すといわれます。同じような話に同じように乗ってしまい、大切なお金を使い、同じような失敗をしてしまうのです。投資で失敗を繰り返してしまう人には共通の特徴があります。
のめりこむリスク
投資をすると、自分の予想もつかないようなことが次々とおこります。意外なところで儲かることもあれば、あるいは損することもあります。毎日変動する自分の資産を見ていると、ドキドキするものです。

投資の心得

感謝に投資する
世の中にはさまざまな投資理論があります。投資についての本もたくさん出ています。細かいテクニックや個別の戦術などもあり、いろいろな人がいろいろなことを言っているので、どれを信じてよいのかわからなくなってきます。

投資関連アイテム

投資関連の本
投資に関連した本を調査、紹介しています。これから投資を考えている人たちにとって参考になれば幸いです。投資関連の本特集ページです。

ページのトップへ戻る