TamatsuLab
禁煙

健康・医療・学習・自己啓発記事禁煙への道のり>タバコのいらない生活へ

タバコのいらない生活へ

禁煙は終わりのない戦いといわれてきました。実際、ひとたび禁煙を始めたら、ずっと続けることになります。いつまた吸い始めるかわからない中、タバコをずっとガマンしつづけるのはつらいことだと思いがちです。

タバコのいらない生活へ

実際、タバコをやめて何年も経っても、ふたたび喫煙を始めてしまう人は少なくありません。タバコをガマンする、タバコを吸わないと決めただけでは、心の中にポッカリと穴が開きっぱなしなのです。

そのポッカリと開いてしまった穴、そのままにしておくといつかまたタバコが入り込んできてしまいます。意志を強くして禁煙しようとしてもなかなかうまくいかず、ふたたびタバコを吸うことになってしまうのは、その心の穴が埋まっていないからです。

禁煙に成功するためには、心の穴を埋めることが大切です。

タバコに代わる何かで一日の生活を埋めるのです。そうして、タバコがふたたび入り込んでくるスキマをなくすのが、禁煙成功のためのポイントになります。

禁煙とは、ひたすらタバコをガマンするのではなく、タバコがいらない生活をつくることです。タバコがいらない生活をつくるとは、ストレスの発散やヒマなときの時間つぶし、休憩時間のすごし方を充実させること。タバコが無くても困らないようにすることです。

タバコがいらない生活をつくることで、ムリやガマンをすることなく禁煙を成功させることができます。スムーズな禁煙成功のためには、タバコがなくなることで空いてしまう穴を埋めることがとても大切です。

△禁煙への道のりに戻る

禁煙を始めよう

なかなかタバコがやめられない
いくつのときに吸い始めたのか、気がついたらタバコを肌身離さず持っていて、いまでは無しでいられません。毎日お金もかかりますし、昔ほどおいしいとも思わないです。だから、やめたいのはやまやまなんですが、つい習慣で吸い続けている状態です。
肩身が狭くなる喫煙者
これからの社会、喫煙者にとってはますます肩身が狭くなりそうな気配です。駅のプラットフォーム、レストランや公共施設でも全面禁煙にするところが増えてきました。これからさらに禁煙区域は拡大する見込みです。
実は、タバコは要らなかった
禁煙に成功して、気がついたことがあります。空気って、今まで思った以上に美味しいのです。食べ物もそうです。いつも食べている食事が、けっこう美味しく感じるようになりました。
タバコを吸い始めたきっかけ
タバコを吸い始めたのはいつごろだったでしょうか。たしか中学のころ、不良グループと一緒になってタバコを吸っていたことがありました。そのときはけむくて涙が出そうになって、ちっともうまいなんて思わなかったですね。
禁煙を始める理由
どうして禁煙を始めることになったのでしょう。今までタバコを吸っていたのをわざわざやめるのは、一体なぜなのでしょうか。喫煙していた人が禁煙を決意する、その理由にはいろいろなものがあります。
パブロフの犬?
パブロフさんは犬にエサをあげるとき、必ずベルを鳴らしました。毎日、毎日、エサをあるパブロフさん。エサをあげるときは忘れずにベルを鳴らします。エサをもらった犬は喜んでえさを食べます。
意志の弱さは関係ない
タバコをやめよう、禁煙しようと決意をしてもなかなか続けられない。今まで何度も禁煙にチャレンジしたのに、そのたびに挫折した。そういう経験を持っている人は、けっこう多いのではないでしょうか。

禁煙の方法

9割がメンタル
最近では禁煙に成功して二度とタバコを吸わない人たちが続々と増え続けています。一方で、何度禁煙にチャレンジしてもうまくいかず、ついついタバコに手が伸びてしまう人たちも少なからずいます。
ニコチン切れ対策
タバコが習慣性を持つ理由として、ニコチンによる中毒があげられます。ニコチンは喫煙することによって体内に吸収され、その成分が増えてくるといろいろな中毒症状を引き起こすことになります。
「条件反射」を消していく
生活をしていくと、いろいろな生活習慣が身についてきます。朝の新聞で必ずテレビ欄をチェックするとか、毎日同じ喫茶店で同じ席に座るとか、12時の鐘が鳴ったらお腹がすくとか、夕食後にポテトチップを食べながらテレビを見るとかです。
「恐怖」は効果あるか?
喫煙を続けるのは恐ろしいことです。喫煙を続けることは喫煙者自身および家族の健康に多くの悪影響を与えます。喫煙を続けると肺がんなどの各種がんに冒されやすくなるだけでなく、狭心症や動脈硬化などとの関連もあるとされています。
過去の自分との対話
未成年者の喫煙は法律で禁止されています。多くの深刻な健康被害が報告されている喫煙行為を未成年から始めるのは危険だからです。ただ、大人になって喫煙している人のほとんどは、未成年のうちに喫煙を始めているようです。

禁煙のゴール

タバコのいらない生活へ
禁煙は終わりのない戦いといわれてきました。実際、ひとたび禁煙を始めたら、ずっと続けることになります。いつまた吸い始めるかわからない中、タバコをずっとガマンしつづけるのはつらいことだと思いがちです。
愛し合う家族へ
禁煙の成功を支えるのは、本人の意思だけではありません。むしろ本人の意思よりも周囲の人たちの支援、とりわけ家族による愛情の方が大切です。禁煙の成功というのは環境が大きく影響するからです。
楽しい人生へ
禁煙に成功すると、今までと大きく生活が変わります。どうしてあんなに苦しい思いをしてまでタバコを吸っていたのだろう、と不思議に思うくらい、新たな楽しみがたくさん目の前に現れてくるようになります。

ページのトップへ戻る