TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事>高血圧と食

高血圧と食

高血圧と食の関係について調査しています。高血圧はそのままにしておくと心臓や脳などに深刻な疾患をもたらす恐れがあります。日々の食生活が血圧に大きな影響を与えます。

高血圧と食

高血圧は脳梗塞やクモ膜下出血、あるいは心筋梗塞などの疾患を引き起こす原因と言われています。高血圧になる理由としては、血管内に老廃物が付着して血液の流れが細くなる、あるいは血管の粘性が高くなって流れにくくなるといった理由があげられます。流路が細くなり、血液が流れにくければ、より高い圧力で血液を送り出してやらなねばならなくなります。高血圧になれば心臓に負担がかかり、また血管が詰まりやすくなります。
血管に老廃物がたまるのも、血管の粘性が高くなるのも、日々の食生活が影響しています。私たちが食べている食事の内容が血管や血液の状況を変えていきます。

塩分を摂りすぎると高血圧になりやすいといわれています。実際、高血圧対策として塩分を控えることは重要なことです。しかし、高血圧になる要因は塩分の摂りすぎだけではありません。家系的要因や食事の仕方、水分のとりかた、精神的ストレスなどさまざまなことが血圧には関係しているようです。
血管は年齢とともに弱くなります。同時に老廃物もたまりやすく血圧は上がりやすくなります。そのため年齢を重ねるほどに高血圧には用心する必要があります。
このサイトでは主に高血圧と食について調査していきます。高血圧の原因や対策、予防のためのヒントを特集していきます。このサイトが高血圧が気になる人のご参考になれば幸いです。

高血圧と食

高血圧について

高血圧とは
高血圧とは血圧が正常範囲内を越えて高くなってしまうことです。ここで血圧とは血管内の血液の圧力をいい、通常は動脈血圧のことをいいます。血圧が高いと心臓や血管に負担がかかりさまざまな疾患を引き起こしやすくなります。
高血圧がなぜ怖いか
高血圧は血管を傷め、血液を詰まらせやすくします。高血圧をそのままにしておくと脳内出血や心筋梗塞など恐ろしい病気を引き起こします。長年の生活習慣が血圧に大きな影響を与えます。
高血圧の原因
高血圧とは血圧が異常に高くなる病気です。高血圧になるのは血液を行きわたらせるのに心臓が通常よりも高い圧力をかけてやらなくてはならないためです。高血圧の原因にはさまざまなことが指摘されています。
高血圧対策
高血圧になると、食事や生活習慣の見直しが必要になります。場合によっては医師の診断を受け、降圧剤など薬物の処方が必要になることもあります。高血圧とわかったら早めの対策が求められます。
高血圧の予防
高血圧に一度なってしまうと治療をしていくのはとてもつらくて大変です。出来れば若いころから血圧にはよく注意して、高血圧予防に取り組んでいくことが望まれます。高血圧予防とは、具体的には生活習慣の改善です。

高血圧と食事

食事と高血圧の関係
食事と高血圧は極めて密接な関係があります。日々の食生活は私たちの身体をつくり、血圧を含めたあらゆる健康状態にさまざまな影響を与えます。高血圧予防のためにも食事と高血圧の関係を知っておくことが大切です。
高血圧と家系
高血圧にはなりやすい家系となりにくい家系があるようです。家族の中に高血圧患者が出ると、他の家族も高血圧と言われる可能性が高くなります。高血圧になりやすい家系で育った場合はとりわけ注意が必要です。
塩分・糖分と高血圧
血液中の糖分、塩分が増えすぎると高血圧や糖尿病になります。そのままにしておくと腎不全などの成人病疾患を引き起こす恐れがあります。高血圧予防のためにも塩分・糖分の摂りすぎには注意が必要です。
水分と高血圧
高血圧は血液の粘性が上昇しあるいは血管の流路が細くなることによって血圧が高くなる病気です。血液がドロドロになるのは主に塩分濃度が高いためですが、水分が不足していると考えることもできます。
一人暮らしと高血圧
一人暮らしをすると高血圧になりやすいといわれています。実際、一人暮らしをしているとついつい不摂生になり、偏った生活習慣をしてしまいがちです。一人暮らしするときは血圧にも注意を払わなくてはなりません。

高血圧の食餌療法

減塩食
高血圧になる原因として最初に上げられるのが塩分の摂りすぎです。医師も高血圧と診断した患者にはほとんどの場合塩分を減らすようにといいます。普段の食事から塩分を減らすことは高血圧対策の基本です。
水とお茶
体内の塩分を排出するためには良い水をたっぷり飲むことが効果的です。また、お茶には血圧上昇を抑制する効果のある成分が含まれています。高血圧の予防・対策として水やお茶をしっかり飲むことが効果的です。
食事にかける時間
食事をすると血糖値や血圧が上昇します。急いで食事をすると急激に血圧が上昇しやすくなります。高血圧の方はできるだけ刺激の強い食べものを避け、食事をするときはゆっくり時間をかけるようにしましょう。
間食をやめる
たとえ食事の塩分に気を付けていても、スナック菓子やジュースなどで塩分・糖分をたくさん摂っていては血圧も上昇しやすくなります。高血圧症になったら間食を食べる習慣は止めるようにしましょう。
禁煙・節酒
高血圧と診断されたら、タバコは捨ててしまいましょう。お酒はたしなむ程度なたともかく、飲みすぎは危険ですので注意しましょう。禁煙・節酒は高血圧症になった場合は必ず守ることが大切です。

高血圧予防と食事

調味料は控えめに
味料の中にはかなりの塩分を含むものもあります。調味料をたくさん使った料理を食べていると気づかないうちに塩分をたくさん摂取していることになってしまいます。料理の調味料はできるだけ控えめにしましょう。
外食に注意
外食中心の食生活をすると高血圧になりやすいといわれています。料理の味付けに特徴を出すため調味料が多めに使われているお店がけっこうあり、また本人の好みによって偏食しがちになります。
つゆは残す
味噌汁、ラーメン、スープ、うどんなどの汁を残さず飲んでしまう人がいます。しかし、つゆには調味料がとけ込んでおり、塩分がかなりの濃度でとけ込んでいます。汁物を飲んだらつゆは多少残すようにしましょう。
たっぷりの水
高血圧予防のためにも、たっぷりの水を毎日飲みましょう。よい水をたっぷり飲むことは身体を浄化し、老廃物を追い出して血圧が高くなるのを防いでくれます。良い水は身体の健康をつくります。
ジュースを飲まない
ジュースは出来るだけ飲まないようにしましょう。果物を食べるのとジュースを飲むのとは全く違うことと考えた方が良いです。ジュースは血糖値を急速に上げ、糖尿病や高血圧を進行させる恐れがあります。

高血圧関連アイテム

高血圧関連の本
高血圧に関連した本を調査、紹介しています。高血圧はそのままにしておくと心臓や脳などに深刻な疾患をもたらす恐れがあります。高血圧関連の本特集ページです。
お茶・ドリンク
お茶・ドリンクを調査、紹介しています。高血圧はそのままにしておくと心臓や脳などに深刻な疾患をもたらす恐れがあります。お茶・ドリンク特集ページです。
健康食品
健康食品を調査、紹介しています。高血圧はそのままにしておくと心臓や脳などに深刻な疾患をもたらす恐れがあります。健康食品特集ページです。
サプリメント
サプリメントを調査、紹介しています。高血圧はそのままにしておくと心臓や脳などに深刻な疾患をもたらす恐れがあります。サプリメント特集ページです。
減塩食
減塩食を調査、紹介しています。高血圧はそのままにしておくと心臓や脳などに深刻な疾患をもたらす恐れがあります。減塩食特集ページです。

△健康・医療・学習・自己啓発記事に戻る

ページのトップへ戻る