TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事高血圧と食>高血圧とは

高血圧とは

高血圧とは血圧が正常範囲内を越えて高くなってしまうことです。ここで血圧とは血管内の血液の圧力をいい、通常は動脈血圧のことをいいます。血圧が高いと心臓や血管に負担がかかりさまざまな疾患を引き起こしやすくなります。

高血圧とは

血液は全身に循環しています。血管は身体の細胞一つ一つに栄養や酸素を行きわたらせ、また全身細胞から発する老廃物、二酸化炭素等を回収します。 他にも血液はウィルスの排除といった役割を担っています。

血圧が高くなるということは、血液の流れが悪くなっているのです。
血液の流れが悪くなるのは、血液の流路が細くなっていたり、血液そのものの粘性が高くて流れにくくなっていることが考えられます。

血液の流れが悪くなれば、血液本来の働きが弱くなります。すなわち栄養や酸素を行きわたらせたり、ウィルスを排除したりする機能が低下します。

高血圧が恐ろしいのはそれだけではありません。
心臓に負担がかかることで重い心臓病をわずらったり、血管が詰まることで脳梗塞や心筋梗塞をひきおこしたり、血管が破裂してクモ膜下出血のような深刻な病気を引き起こすことがあります。

高血圧はさまざまな成人病を引き起こす重大な要因とされています。高血圧は生活習慣病のひとつであり、特に塩分の取りすぎなどの食習慣が大きく影響しています。
病気予防の観点からも高血圧にならないよう、食事など日ごろの生活習慣を見直すことが大切です。

△高血圧と食に戻る

ページのトップへ戻る