TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事高血圧と食>高血圧の原因

高血圧の原因

高血圧とは血圧が異常に高くなる病気です。高血圧になるのは血液を行きわたらせるのに心臓が通常よりも高い圧力をかけてやらなくてはならないためです。高血圧の原因にはさまざまなことが指摘されています。

高血圧の原因

高血圧でまずあげられるのが塩分の摂りすぎです。塩分が血液に多くとけ込むと、血液がドロドロになって流れにくくなります。流れにくい血液を全身にムリして送りこむために、血圧は高くならざるを得なくなります。
家系的、家族的要因も指摘されています。両親や親せきに高血圧になった人がいる場合、自分も高血圧になる可能性が高いと考えたほうがよいようです。家族の場合は長年同じような食習慣をしている場合が多いので特に注意が必要です。

ストレスや生活習慣が高血圧に影響するともいわれています。ストレスがたまると血流が悪くなります。またスナック菓子などの間食や運動不足なども血圧を高めやすいとのことです。

喫煙は血管を収縮させます。タバコを吸うことで血液中にニコチンがたまり、血管に負担をかけます。喫煙は高血圧の要因になるだけでなくさまざまな疾患を引き起こしやすくします。
飲酒は軽い程度ならば一時的に血行を良くして血圧を下げる効果があります。しかし、飲み過ぎると血液中に老廃物が溜まったり血管を傷めやすくしたりします。
高血圧はさまざまな生活習慣や家庭的要因がからまって発生します。高血圧対策には一つ一つの生活習慣を見直し、改善に取り組んでいく地道な努力が欠かせません。

△高血圧と食に戻る

ページのトップへ戻る