TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事高血圧と食>高血圧対策

高血圧対策

高血圧になると、食事や生活習慣の見直しが必要になります。場合によっては医師の診断を受け、降圧剤など薬物の処方が必要になることもあります。高血圧とわかったら早めの対策が求められます。

高血圧対策

高血圧対策としては、血圧上昇の原因となるような生活習慣をやめること、そして血圧を下げる生活習慣を取り入れていくことの二つがあります。これらを同時に行っていくことで血圧の上がりにくい体質へと改善をめざします。
血圧上昇の原因としては塩分の多い食生活、間食に袋菓子を食べる習慣、糖分の多いジュースを飲む習慣、それからストレスのたまる生活、運動不足や喫煙、過度の飲酒などがあります。これら高血圧になる要因を一つ一つ地道に減らしていくことが高血圧対策には不可欠です。

良くない生活習慣をやめる、といっても長年慣れ親しんできたものを突然やめてしまうことはなかなかできることではありません。古い生活習慣をスムーズに止められるようにするには、やめると同時に新しい習慣を取り入れていくことが大切です。
高血圧を防ぐ習慣としては、例えば毎日お水をたくさん飲むこと、野菜やキノコ類を多く食べること、それからストレッチ体操をしたりぬるめのお風呂に使って全身をマッサージするといったものが効果あるといわれています。明るく楽しいことを考え、良く笑うことが大切だとも指摘されています。
血圧が高い状態が続けばそれだけ深刻な病気になる危険性が高まります。対策はお早めに、日ごろの生活習慣を見直して良い習慣を地道に身につけていきましょう。

△高血圧と食に戻る

ページのトップへ戻る