TamatsuLab
高血圧

健康・医療・学習・自己啓発記事高血圧と食>高血圧の予防

高血圧の予防

高血圧に一度なってしまうと治療をしていくのはとてもつらくて大変です。出来れば若いころから血圧にはよく注意して、高血圧予防に取り組んでいくことが望まれます。高血圧予防とは、具体的には生活習慣の改善です。

高血圧の予防

人は老化します。老化というとお肌や顔、髪の毛といった表面的なところを気にしがちです。しかし、血管や血液、内臓、脳などの老化の方が実は重要です。高血圧予防は体内を若々しく保つための、いわば血液と血管のアンチエイジングケアと言ってもいいでしょう。
血液と血管を若々しく保つためには、血液や血管に良いことをどんどん取り入れていくことです。そうして、良い習慣を身につけることが将来の高血圧を防ぐことになります。

血液がドロドロになるのを防ぐには、塩分や肉類を減らして野菜・きのこ類中心の食生活にしていきます。血管が収縮したり傷ついたりしないためにも禁煙するとともに、汚染された空気を吸わないようにします。飲み水にも気を付けたほうが良いといわれています。水道水であれば浄水器などでフィルターをかけたものを飲むようにした方が良いでしょう。

日々のストレッチングや全身マッサージも高血圧予防に効果があります。またお風呂はぬるめのお湯に長時間つかるのが良いとされています。
ストレスをためないことも重要です。まずは周囲の人たちを不用意に言葉で攻撃しないことです。むしろみんなをよろこばせ、楽しませることに努力を惜しまないようにしましょう。周りの人が喜び、楽しんでいればそれだけ自分のストレスも軽減されます。
高血圧予防は日ごろの食事、運動、ストレス対策が基本になります。生活習慣を変えていくことで血圧も驚くほど違ってきます。

△高血圧と食に戻る

ページのトップへ戻る